食べた話飲んだ話

EASY LIFE CAFE





スヌーピーが






小さくなっていくーーー。
でも形が崩れない不思議。








ミルクではなく豆乳に変更してもらって飲んでます。




このお店は全てベジ。
カレーはシミジミと旨みが伝わる感じよん。
肉なくたってこんなに美味しい。
つか、いらない。
(あ、私ベジタリアンではありませんよ)

お店キャラクターのエリックはお客さんと共にいろんな国に出かけてる。
カワイー!


EASY LIFE CAFE
ここで野菜買うのも楽しみなんだよね。

| | Comments (46) | TrackBack (0)

今シーズン初のイチゴ狩は貸切状態

2月15日の大雪。都内での飲み会は前日のうちに中止。
でもうちの付近では金曜夜から雨。
朝3時頃には大雨と暴風でまるで台風のよう。
先週の雪で折れ曲がったテレビアンテナの支柱、また壊れたらどうしようと思った。
修理したばっかりだし。
大雨のため雪が溶かされていく。

雨も止み日がさしてきた頃イチゴ狩りに行くという友達からの電話。
私も行く行くー!ウチ、通り道じゃん。

元成東町(合併して山武市)はイチゴ農家がたくさんあります。
到着は昼過ぎだというのにお客さんは先客一組だけ。
最盛期なら摘み取るイチゴが無くなって午後は閉園してしまうのに!
やっぱり雪でだれもお客さん来ないんだって。
成田から東側、全然雪無いんだけどね。





2棟のハウスに4種類のイチゴ。
やよいひめ、旨ー。






連れて行ってもらった友達夫婦。

制限時間の40分間際、なんと私、ミツバチに刺されてしまいました!
生まれて初めて…痛いっす。
あ、でも聞いてた話よりは痛くなかったな。
イチゴ園の人が薬か…アロエ…クリームか何か持ってきますからというので待っていたら、軽トラがものすごい勢いで到着し、手には今ちぎってきました!という感じのアロエが。
ホンモノですかい!

アロエを当てて絆創膏をクロスにして貼ってもらいました。
効きますな〜アロエ。効きにビックリ。
刺されたのは顎の関節の端っこ、耳の下あたりです。
痒くなりますよ、と聞いてたとおりまだ痒いです。

| | Comments (11) | TrackBack (0)

また来るよ、うどん県

初日は天気が良かった。
女木島は水仙がたくさん咲いてた。
隣の男木島はもっとたくさん水仙があるんだって。




太平洋を見慣れてる私には瀬戸内の海は穏やかでとってもイイ。





二日目は雨のためチェックアウトの時間までゴロゴロ。
とりあえず駅に向かう途中、昨日も食べた元匠に暖簾がかかっているのを見てそのまま吸い込まれる。




またまた肉うどん。
お店のおばさんも私たちを覚えてたみたいでしばらくおしゃべり。
しっぽくうどんのしっぽくってなに?とか。
観光なら小豆島行ってくれば、とか。
小さい店舗でしたが、4店舗あるうちの本店だと帰ってきてから知りました。

あー美味しかった。

この時点で10時半くらい。
1kmほど歩いて、さか枝(さかえだ)へ。
ここ朝6時からオープン。前にも来たことある。
でもセルフのルール忘れてるので、カウンターでどーしたらいいですか?と聞いたら至れり尽せり。
席に着いたら少なめのかけつゆが入れ忘れのように見えたようでお客さんから心配されたり。
うどん県民、みんな親切です!











高松はアーケード街がたくさんあるのでブラブラ。
つか、どこもうどん店ばっかり(笑)
香川県民の年間消費量一人あたり220玉ってテレビで見たよ。

ここまで来たらもう一回は食べねば。
昼間通ったら行列していた店が気になったので14時半ごろ到着。
さすがにガラガラ。




またも肉うどん。
甘めのお味でした。
ここのも美味しいけど、やっぱり元匠が好きだ。






空港の搭乗ゲート。
いってきまい、とあるのは
行ってらっしゃい、なのか
行ってきます、なのか。
うーん、ここに書いてあるってことは
行ってらっしゃいの意味だよね?


ジェットスター高松就航記念セール、片道459円(シコクの語呂)+手数料300円。
帰りは2990円+手数料300円。
いやはやスバラシイ。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

うどんマラソン

朝、高松のフェリー乗り場近くでうどん。










ウーン。
残念だな。

このあと鬼ヶ島伝説が残る女木島に渡ったのだが、ここで食べなかったらえらいことでした。
女木島、食べるところなんにもナス。


ことでん瓦町近くの元匠。
いい店だった。
麺に透明感があって角がきっちりしてて、もろ好み。
肉うどんもあっさり味で美味しい。








翌日には帰ります。

| | Comments (19) | TrackBack (0)

ベーコンできるかな

来客あり、なのでそれにあわせて
またまたスモークであります・・・。

おいしいベーコンが食べたいのだけど、レシピを調べていくといままでいかにいい加減なスモークをしていたのかがわかる。私の場合、長期保存が一番の目的ではないのと失敗しても使い道はなんとかなるので今後ともテキトーだと思います。

いつもは塩、胡椒、あればスパイス類をすりこんで準備する程度。
今回は塩・胡椒に加えてニンニク、ショウガのはじっこ、
庭のイタリアンパセリ、ローズマリー、親戚菜園のタマネギを
使ってテキトーなソミュール液につけ込み。
ウイスキーがなかったのでラム酒少々も追加。


0806_


ビニール袋に肉のかたまりと共に入れて空気を抜いて2日ほど冷蔵庫へ。
レシピではもう少し日数をおくようだけど、このあたりが思いつきで作り始めるだけに甘いのだ。


スモーク当日は流水で塩抜きして、しばらく乾燥。
そしてスモーク。

 
 
子供の頃、近所のおばさんからお裾分けのベーコン。
あのおいしさがこの原動力だと思う。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

聖地巡礼

明日、あなたは死ぬことになりました。
最後になにを食べたいですか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は寿司!
 
私にとって最高のごちそうはお寿司。
だから「市場」は聖地といってもいい。
市場と言ったら築地!

その聖地に徒歩数分で行けるところに友人が住んでいる。
こうなると友人宅=聖地だ。
恵比寿で「夏限定、カレーモツを喰らう会」のあと泊めてもらうことに。
こうなったら翌朝は築地で寿司

友人宅には2週間前にも同じパターンでお世話になっているんですが。(^^;)

昼間の酒は怠惰な味がたまらんのですが、昼を通り越して朝ですからね。
友人の冷たい視線を感じつつビールを注文。
都内に住んでたときは、海鮮丼を食して買い物して帰っても自宅に朝9時前で満足していたけど、友人宅は買い物圏内が築地。うらやましい限り。

素人巡礼者は場外の方が歩きやすい、というか、一般人でも買い物ができるので楽しいわけです。

旦那のおみやげに卵焼き。
野口屋の豆腐。(最近は他でも買えるみたいだけど)

夏場は保冷剤があっても調子に乗ってたくさん買えないし、重い。
それにヨッパライである。
このあと地元で献血しようかと思っているんだけど、やっぱダメですかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ばんやの湯

千葉県は鋸南町(きょなんまち)にある、ばんやの湯に泊まってきました。
鋸南町保田漁協直営が経営する驚愕の食堂「魚普及食堂「ばんや」。
食べるだけだったばんや食堂のとなりに人工炭酸温泉と宿泊施設と
ばんや食堂をくっつけたのが「ばんやの湯」です。
とても宿泊施設とは思えない店構え。
見た目は日帰り温泉施設。
端っこに4室だけ和室が用意されている宿。

お風呂は日帰り客を24時間受け付けているので、タイミングによってはお風呂も混む。
宿として考えたならもっとホスピタリティの高いところはあるだろう。
けどもう一度行きたいと思ったのは魚尽くしの食事と「人工炭酸泉」にはまったからだ!

温度は、いきなり飛び込んでも平気な40度。
人によっては「ぬるっ!」と思うだろうね。
私は「は〜、これなら長く入っていられるわ〜」と感じる。
高濃度の炭酸を維持するのには37度くらいがいいらしいけど
この季節だから少し高めの設定にしているのかな。

壁に効能が書いてあるけれど、ここは炭酸を高濃度で混ぜた「人工高濃度炭酸泉」。
肌の表面にあっという間に細かい泡がつきます。
炭酸が血行をよくするんだけど、血圧があがらないままでいられるのがメリット。
心臓弱い人だけじゃなく、私のように熱いお湯が苦手なタイプにもおすすめだと思う。
冷えがひどい時はお湯に入っても表面だけ熱くなって、
のぼせてしまうわりには体がすぐに冷えてしまうことがある。
けどこの炭酸泉は出てからの方がじわじわポカポカあったかくなって持続する。
お風呂から出てきて部屋でゴロゴロしているうちに本当に寝てしまう。

最近の旅行はチェックインの開始時間には宿に到着して、
お風呂に入ってビール飲んで昼寝が定番。
あちこち見て回るのも楽しいけれど、あれもこれもと欲張って
ヘトヘトになる旅行は香港くらいでたくさんだ。

ひと眠りしたら、さかな!魚!サカナ!だらけの食事。
これを全部食べると、相手の顔も見たくないってくらいお腹いっぱいになる。

yoru_hunamori


で、下の写真が翌朝の船盛・・・。
ありえなーーーい!
asa_hunamori
(朝の船盛写真は向きが逆になっちゃった)

「生、ひとつください」
酒飲み夫婦の車の旅ではスポンサーだけにその権利がある。
今回ビールを飲むのは私。

「ばんや食堂」と「ばんやの湯の食事処」の料理の値段は一緒です。
ただし後者のほうはばんやの湯の入場料がかかります。
ばんやの湯の泊まれる部屋は4室。
道路側の2室はトラックの音が結構響きます。
今回は海側だったけど、目の前が駐車場だし漁船が見えるくらいでどっちもどっちか?

魚好きの客が泊まる資格だ。

ばんや食堂前の干物屋で働くおばちゃんにきいたら、
ばんやに泊まった客がチェックアウトの時に予約を入れて帰るから
週末は予約がとり難いよ、と話してた。確かにじゃらんでみると土曜日は全滅。
今回の泊まりも予約を入れたのは夏だ。

でも宿に直接電話すれば枠が空いていたりキャンセルが出てぽっかり泊まれることもある。
千葉県で源泉かけ流しなんて温泉はないだろうし、
それよか人工温泉!と宣言して、ぽかぽかになれるお湯を支持したい!

| | Comments (20) | TrackBack (0)

柴又 やぶ忠

yabu_menu

蕎麦好きな方が「柴又 やぶ忠」で検索して
このブログまでたどり着いたりしてるみたいだ。
どうもどうもです。


離れたとこに駐車場もあるんだけど、3台分しかない。
それもはじっこの1台分はスゴーク止めにくい。
大きめの車がヘタクソに止めてあった日にゃ、もう。

昔は「やぶ忠の駐車スペースです」の看板立ててある
ところに自分の所の車をずううーーーっと置いてあって
「フーン、自分ちの駐車場に使って経費で申告かあ?」
と思ってたけど、いまはそれはなくなった。


写真の説明
中もりのよこに小さく書いてある文字は「そばを分ける、残された方 1200円」と書いてあります。
中もりとはいっても、4人前くらいの山盛りででてくるんですわ。
ひとりで食べるなら600円。
残したり、みんなで分けるなら1200円って意味です。


http://chizumado.jp/view?position_id=331113

|

だだちゃ豆到着

hako_cat.jpg

最近涼しいので、たっぷり寝られるにゃん


_______________

昨日、やっと
清川屋のだだちゃ豆


が届きました。
送料を考えると、つい多めに買ってしまう。

そんなわけで近所の友達に取りにきてもらいました。
(すでに飲んでいたので、こっちから行けなかったのさ)

関西出身の友達は、茶豆のことを知らなかったようで
玄関先でしゃべりながら味見。

香ばしいかおり。
とうもろこしのような甘さ。
たまらんなあ。

お弁当のご飯のうえに、だだちゃ豆をのせてみました。
く〜っ、もっとどっちゃりもってくればよかったか!

また来年も買っちゃうだろうな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

カゴメのスープ

suop.jpg

写真にある2種類のほかに
もう1種類売ってたな。
1つ200円。

冷製スープ!お昼にいいなァと気になってて
値段が高いが味見だ!


まずい・・・

くすりっぽくて

| | Comments (0) | TrackBack (0)