アンニョン、韓国

バッサバサ

レートはあんまり良くないよ、と言われてても空港である程度両替しないと動けない。その日の仁川空港にある銀行レートは¥100=1470KRW。クーポンを出したら1490KRWになった。小さい差だけど、翌日の両替にも影響した。とりあえず5万円を両替。バッサバサのお札をバスの中で10枚ずつに分ける。自国以外の紙幣って数えにくいよね。札束になんて無縁の生活しているくせに自国通貨の手触りはカラダが覚えているのね、と実感。

ガイドさんと一族専用の車をチャーターしての観光は二日目。ホテルロビーで集合して、行き先確認しながら「途中で両替したいんです」と話すと、ガイドさんが両替してくれるという。前日空港で両替したことを言うと、それと同じレートで両替してあげるという。近い国だし、観光地だし、そういうこともあるだろうと思ってたけど自分一人なら断ったかな。でもなにせ総勢8人。ホテルのフロント両替から比べれば悪い話ではないので一人1万ずつ両替を頼む。クーポン利用のレシートを持っていたので1490KRWのレートで交換。

翌日、どーしても両替したい。でも両替所を探す時間もない。予約していたエステのオーナーに両替所の場所を聞いたら「私が両替しましょうか?」と。偽札という危険性も頭に浮かんだけれど、代理店を通して予約したところだし信じてもいいかな、と。それにとにかく時間がない!土地勘ない!・・・わけで10万円分をお願いしました。「今日のレートは1530KRWですねー」あとで街中で確認したレートは同じ1530でした。みなさん、よく見てますね。
10万円をウォンにすると、本当に札束でバサバサ。一応みんなから預かったお金だから確認しながら・・・。慣れない紙幣をあれだけの枚数を数えるのは指が痛くなりました。途中、数え間違えたりしてやり直し!ひー!

私なら両替してあげられる10万円なんて持ち合わせてないよ!


今回の失敗はクレジットカードを忘れていったこと。
出発前にedyにオンラインチャージして、そのまま家におきっぱなしにしてしまったのよ~。財布を忘れた気分に近い不安感。おかげで買い物爆発しなかったので失敗どころか成功とも言えるが。

リンクは私のメモ
空港で両替

| | Comments (1) | TrackBack (0)

ウォン安だから

明洞で日本円にして280円で買った髪留めが、全く同じ商品がジャスコで1800円だった。勝負に勝った気分である(笑)
「とりあえず一個買って」みたエチュードハウスのBBクリームは、使い勝手が良くてもっと買ってくればよかった、と電話で母が言っていた。一個千円しなかったからねえ。

Photo

これは韓国のヤクルトおばさんの台車。

韓国というのはオマケ文化なんでしょうかね?
観光客が多い場所だからなのかもしれないが、日本の焼き肉屋さんでガムをくれるように色々もらったんですよ。飴とか。そんなオマケにヤクルトがありました。プルコギを食べたらヤクルト。店全体の客が男性が多かったけど、みんな店先でヤクルト。

Photo_2


世界ここだけという英語表記ではないスタバのハングル看板。
仁寺洞にあります。スタバックスコピ。
他にもたくさんの人が写真を撮ってました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

帰ってきました

たぶんこの日が来たら治るだろうから、我慢我慢と思っていたら韓国出発当日の朝に1ヶ月続いた胃痛から解放されました(笑)あとはなるようになるさ!

事前シミュレーションの場面が”かなり悪いパターン”(最悪パターンの一つは「パスポートを紛失して再発行」、大使館、領事館の連絡先も調べておいた)を想定していたため、心配事は想像だけで収まりました。もちろん想定外のこともたくさんあったけど、それは後日。

帰ってきてから韓国旅行経験者に
「マッコリおいしかった?」
飲みますか?ってきいたらいらない言われたから注文しなかった。
なんで自分の分を頼まなかったのか!
「ロッテマートでごま油買ってきた?」
ホテルから目と鼻の先、0時までやってたのに気力と体力がなかった。

道路を渡る横断歩道が少なくて、地下道を通らないと反対側に行けないのが面倒。ホテル選びは念入りにしないと大変だね。

2009_1

クリックすると少し大きくなります。
初韓国らしいメニューは食べてきたかな。

8人もいると食べ物の好みも収拾がつかなくて大変。
「じゃあなんで韓国行ったの?」と言われそうな”肉嫌い”メンバーもいたけど、勝手に押し切ってしまったよ。
食べられなかった分はケーキとミスドでカバー。
なんで韓国まで行ってドーナツ食べてんのって言わないで・・・(笑)

| | Comments (3) | TrackBack (0)

役に立つかどうか

旅行までの時間もあんまりないし、とりあえずこれでも聞いてみようかとダイソーで旅行用ハングル会話集のCD購入。すばらしい、これで105円。

”機内で隣の人に話しかけるフレーズ”
無理だから。

”助けて!など緊急時のフレーズ”
日本語で言ってしまうから。

などなど、大半は使わんて。いや使えんって。


400以上のフレーズが入っているけど、覚えるのは挨拶とか買い物フレーズくらい。
あとは空耳でハマった言葉。
「具合が悪いです」がどうしても「もみじ饅頭はよ?」に聞こえる。
饅頭の「う」は省略した感じ。モミジマンジュハヨ。
だからといってコレも使わんな・・・。

2週間ほど集中して聞いていたCDは、ダイソーらしいと思える状態に変化してきた。
それは、音飛び。
早っ!
「なにか お探しですか」の「に」が半分ほどカットされて「なんか お探しですか」とより口語体に(笑)
日本語が音飛びしていると言うことは、対応している韓国語もどこかが音飛びしているわけよね。
音が欠けているばかりの状態が続いたら、とうとう

「こんにちちは」

1文字増えた(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

また成田空港にて

カクカクシカジカ、ありまして
月の頭に香港に行ったばかりだというのに、なんと本日から初訪韓ですよ!
出張でもなく、細々とマイルを貯めて香港行きを繰り返す私が韓国行き。

なんでこんな顛末に?と自問自答するほどの状況でして、だからカクカクシカジカだっちゅーの!
気を緩めるとマイナス要素の波が襲ってくるので、楽しみをたくさん見つけて自分を盛り上げないとっ!

成田からソウルという短時間フライトながらホットミールを提供してくれるというアシアナ航空も楽しみ。
歯磨きチューブみたいな容器のコチュジャンとか。
去年の2月に比べたらウォンが半額。
せっかくだからBBクリームも買おう。

あとは・・・

あとは・・・

思いつかない・・・。鼓舞するものが見つからな~い(笑)

 
理由はわかっているのです。
楽しみよりも心配の分量が大きいから。
旅行メンバーは60歳以上を6名含む親族8名!
私を含めて全員初訪韓。

食べ物の好み、辛さの対応、体力。
こうして出かけるとなると知っているつもりで、相手のことをなんにも知らないもんだなあ~と思うことしきり。
足腰が弱ってきているって言葉では知っていても、じゃあ階段ならどのくらい?、寒い中歩くならどのくらい?、想定しても全然わからない。と、言うか自分の体力が一番心配だったりして。
せっかく行くなら、みんな楽しく帰ってきたいから下準備はしているけど、それでもヌケはあるから困ったモンだ。
ネットで見つけた情報とクーポンを印刷していたら、電話帳くらいの厚みになってしまった。るるぶの何倍の重さだよ、これは・・・。
大丈夫か、オレ!

___

最低限ハングル読みできないとマズイかも、と本を買って、日本の50音でいえば3分の2を覚えたところでタイムアウト!覚えたところで単語の意味がわからなければどうにもならないわけだし。基本はお礼と挨拶、それにその国の言葉で「おいしい!」その3つだけ忘れないで行こう!ケンチャナヨ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)