香港のことなら

ドラえもんもおすすめの寿司


とは思いませんが看板があったので、ええ。

Sushi_1


裏に回ったら詳細が。


Sushi_2

手巻き寿司なんだ。


2週間ほどで正月を迎える中華圏。
提灯の飾り付けをしていました。


_1


_2


| | Comments (1) | TrackBack (0)

長州島で食事

長州島に行ったら、やっぱ海鮮でしょう。
大蒜蒸蝦~。

でも、困ったことにお腹があんまり空いてない。
ここまで来てなにも食べないわけにはいかないし、無理してでも食べる!

わざとキョロキョロして呼び込みのおばちゃんに絡め取ってもらう。
この並びの店で4回ぐらい食べているけど、どこで食べたかなんて忘れてしまったよ。

1_2

今回は忘れないように記録。


何軒かメニューをみたけど目当てのメニューは同じような感じ。
こんなん食べますた。

3_2


あんなに大蒜蝦~好味~言ってるわりにはエビ注文してないやんけ!
殻とるのが面倒で・・・。
というか、お腹があんまり空いていないので山盛りのエビより「6個のホタテ」のほうが食べ切れそうな感じがしまして。


4_2


旨味を吸った春雨も大量のにんにくもガッツリ頂きます!
青島ビールも進むぜ。

と、ビールの缶を持った白人のおっちゃんが声をかけてきた。
何を言っているかわからない。英語じゃないし、広東語か?
わからん、という顔をしていたら英語で話しかけてきた。
私を中国人だと思って中国語でしゃべったらしい。
長州島に住んでいるというジョン(と名乗った)は、まだ話足りなそうだが
アルコールでふやけた脳みそで英語で会話なんて出来るかい。
いや、シラフでもしゃべれませんから。


SO BOR KEE RESTAURANTのトイレにあるトイレットペーパー。
ワイヤー通しただけの無駄のない設置(笑)

2_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長州島ふたたび

一時的にでもホテルに戻りたくない。でも車生活の脂肪ポテポテの足では体力不足。なにせ一人旅で寝こむような顛末になったら大変なので、身体は楽して時間つぶしには・・・

「そうだ、島に行こう」

片道1時間の船旅。ずっと座ってられるし。
そんなわけで長州島へ。
船を待つ間、ルートを色々考えていたら長州島へ渡った後、ランタオ島にも船が出ていることがわかった。でもこの時間ではランタオ行きには間に合わない。残念、また今度ね。

3


長州島では自転車と↑こんな車両だけで車は走ってない、のが売り?だったのにフツーの車発見。

2


1


警察車両と救急車です。

4

レンタサイクルに乗るカップル。
頑張れ、男子。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

JL ホテル、君龍酒店

こんなに滅入ったホテルに泊まるのは久しぶりだ。
JL ホテル(君龍酒店)。

最初にホテルを予約してから参加人数が変わったのでキャンセルしたら、なんとキャンセルチャージが100%のプランだった(泣)
あー、アホだ。
この傷を小さくしようと安いとこを探したのがこのホテル。
全部ツインの部屋だ、と紹介してあったので狭いとはいえツインなら何とかなるだろうと思ったらダブルベットの部屋だった。
避難経路のイラストを見ると、たぶん一番狭い。

避難経路通りに階段降りましたよ、非常ベルなったときは!
今後は間違いなく避難経路を確認すると思うよ。


シャワーブースが一応カーテンで仕切られているっちゅう話だったから、それなら我慢できると思ったのに便器の上にシャワー。
でた、香港スタンダード。
香港の住宅ではこれも一般的と言われるんだが日本人にしてみればトイレの個室に便器とシャワーが一体になってる。シャワー使ったら便器も水浸し。

この部屋にいるのが息苦しくて、朝に部屋を出てから一度も戻ることなく14時間は出歩いてた。


Jl2

部屋を換えてくれ~と交渉するも「予約した時点でワンベットルームだったからダメ。他に部屋ないし」
最後の台詞は信じちゃいないが、所詮私の英語力ではどうにもならん。
でも勉強になりました。「一室○○ドル」という設定だから、今度から一人旅でも宿泊者を二人にして申し込もう。

Jl1_2

窓にはめ込むタイプのエアコン。
吹き出し口のカーテン加工がすばらしい(笑)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

やっぱりぶつかる

赤柱(スタンレー)から新巴14番でシャウケイ湾まで降りてきて、ゴトゴトとゆっくり進むトラムに乗り換える。動かないバスがいるなあ、渋滞?とよく見たらマイクロバスが2階建てバスにぶつかってるじゃないですか。

_0810


野次馬さん(私だ)はトラムを降りて現場に向かいます。
マイクロバスの中には制服姿の大人達が見えたので警察の車がバスに追突したのか?と思ったら「食品衛生局」っぽい関係車両でした。

3車線まったく動かなくなり、20分近くストップ。
遠くから「バス来ないわ~」と道路をのぞき込む乗客多数。

_0812_2


_0814

 
この写真を撮った後、近くのビルに設置してあった大型テレビに群がる人たちがいたのでのぞき込むと半島側で住宅が突然崩壊したニュースを放送していたのでした。
 
 


香港トラムにひたりたい人はこちら
いい音聞けますよ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

寝不足の蓄積

いままでの経験の中でも激狭いホテルの部屋に滅入りつつ、まあ寝るだけだしと思ったら深夜隣から聞こえる電話中の声がでかいのなんの。ヨーロッパ方面の言語っぽい。言葉がわかれば100%内容がわかったと思うよ。狭くたって寝るだけだしのつもりが寝られな〜い。絶対壁はスラブまで届いてない作りだ。火災起きたらヤバいだろうね。

ほんとに非常ベルなりましたw(゜o゜)w

朝、テレビ見ていたら鳴り響く非常ベル!廊下に出るとスタッフが確認してくるとエレベーターに乗り込むところ。数人の客がスリッパのままウロウロ。誤報のような気がするが、言葉がわかんないリスクがあるし、とりあえず貴重品持って非常階段で外に出た。足が震えた。前の道路には消防車が一台。マジ?でもなにも動きないし…。エレベーターから出て来たファイヤーマン達は「誤報みたい?」な態度。

シャワー使うときは扉をちゃんと閉めないと非常ベルなっちゃうかもよ〜と注意書きあったが原因はそんなとこか?

ああ、どちらにしろ帰りたくないホテルだ。最終日だけちゃんとしたホテル(笑)予約しておいてよかった。

二泊目の隣室は赤ん坊。ママの歌う子守唄までよく聞こえるけど私には効き目ないわよー(:_;)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

月夜に輝く台湾は見られるか

成田から香港に行く途中、窓の外を見ると台湾が見えた。
ところどころ明るく光るので、レーザー光線かなにかの強い光を使った照明かと思っていた。
しかし、その強い光は飛行機が進んでも消えることがなくて不思議・・・。

なんだろう、あれ。

しばらくして川が反射しているのが見えて理由がわかった。
月の光が建物や水面に反射してたんだ!
海に沈む夕日が海面に反射するように台湾が月夜に照らされる。


啓徳空港(旧空港)から新しい空港に変わってからは、成田からの夜便なんて楽しみなかったけどこれを見るなら日にちを選ばなくっちゃ~!
満月近くの日と窓際を選んで、今日香港に向かいます。

コレをかいているのは出発数日前。
予報見ると天気良くないのよね・・・。

 
 
 
満月っていつ?気になったら
月齢カレンダーで見てね。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

当たり!の間違い

香港ではメニューにわざわざ載っていないくらい定番の「青菜」
その時の旬の青菜が出てくるので、野菜自体の名前は知らないんだけど。

チムサーチョイ、厚福街の唯一麺家での朝食。
今まで通じていた(と思われる)発音で、青菜を注文したつもりが・・・・
 

Img_2399

こ、これ?

 
白菜のような野菜と、薄切り餅(っぽい)に細切り肉の炒め物。
本当はもう一つ注文したものが結果的に出てこなかったので青菜が間違われたのか、そのオーダーが間違われたのかは不明なまま。二人ともこんなに香港に来ていても、間違いとそれを訂正できないことはしょっちゅうでございますよ。

これ、おいしかったなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

溶樹湾

Y0902_14


溶樹湾のフェリー乗り場を出て、人の流れにくっついて歩いていくと壁にはたくさんの張り紙。
ベットやソファーいりませんか?の張り紙やワンコの写真も。


Y0902_10


Y0902_11


Y0902_12


Give Me a Home!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

蝦とシャコを食べるためだけの南Y島

南Y島、と書いて「ラマ島」と読むなんてどうにも納得いきませんがそれが地名だと言われれば仕方がないです。Yの字も漢字だなんて!
香港島中環(セントラル)から船で30分ほどの小さな島です。
本当は長州島に行こうという話だったけど、移動時間往復2時間だと2泊3日の香港ではキツイと言うことになりラマ島になりました。セントラルからだと索罟湾と溶樹湾への船が出ています。索罟湾にあるレインボーレストラン天虹海鮮酒家で食事をすると、店の船でセントラルまで送ってくれるので行く気満々。ですが、時刻表も調べずテキトーに船着き場に着いた私たちの選択肢は溶樹湾行き。午後の用事も詰まっているので溶樹湾でいいさ!蝦もシャコも溶樹湾で待ってるさ。

Y0902_18


乗船人数が多いのにビックリ。ラマ島には白人さんが多く住んでいるので大半が白人な印象。

長州島もそうだけど車がないラマ島では自転車がたくさん。
フェリー乗り場にはこんな風に自転車が止まっています。
車がないと言っても荷物を運ぶための3輪小型車のような、築地市場を走る運搬用特殊車両(ターレー
だっけか?)を思い出すような車はあります。

Y0902_15


店先に甲殻類が並ぶレストランに入って、それぞれ目当ての蝦とシャコをオーダー。

Y0902_5

エビは大蒜炒めで!
シャコの写真は?
系統的にはエビもシャコも似たような味だと思うのですが、ワタクシ見た目でシャコが食べられません・・・。湯気があがるシャコに大喜びのtmkさんを見ながら、私がシャコの写真を撮る必要はないなと判断しました。つか、写真を撮る気にもなれなかった(笑)

Y0902_4

当たり前すぎてメニューには載っていない、旬の青菜のオイスターソースがけ。
香港に来始めの頃、隣のテーブルではみんな青菜を食べていて「どうやって注文すればアレが食べられるんだろう?」と思ってました。
そうそう朝食に入った厚福街の唯一麺家で頼んだら発音が思いっきり間違えていたらしく、全く違うものが出てきたっけ。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

より以前の記事一覧