« 二月 2012 | Main | 四月 2012 »

暖かくなりました

寒がりの私は冬が嫌いで、寒さに「いつまで寒いんじゃー!!」と怒っているのが常。
ですが今朝、なんかキューっとする寒さが終わっていくなんて寂しいな~と感じました。

ありえない。
年とった証拠か?

今年は寒いと話題になったのに私自身はそんなに感じなかった。
あらかじめ服とかホカロンとか湯たんぽとか準備していたせいもあると思うけど。

「それってホットフラッシュ・・・」

なにぃ?


え、そうなのかしらそうなのかしら。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2012年1月に読んだ本 まとめ



白洲次郎・正子の夕餉

白洲次郎・正子の夕餉
白洲正子は台所仕事なんてしなかった人では?と思ったら長女である桂子(かつらこ)さんが作ったメニューでした。時代背景を考えたら「やっぱりいいもの食べてたのね…」
だって最初の1月のメニューがからすみ・このわたから始まるんですから!
白洲夫妻の好き嫌い、料理と器へのこだわりを見せる母の話など人柄が見えるような話は白洲ファンなら楽しめるだろう。
正子のために朝食のパンとコーヒーを買ってくるのは次郎だった、とかこの本のような食事ばかりなのではなくパックに入ったままのお総菜を食べることもあったという話にはホッとしました。
読了日:01月31日 著者:牧山 桂子,野中 昭夫


幸運脳をひらけ幸運脳をひらけ
読了日:01月30日 著者:小田 全宏


記憶力をのばしたい!記憶力をのばしたい!
中年になり記憶力に不安を覚えるようになったジャーナリストの体験記。
脳トレにとどまらず「クスリでなんとかする」という発想がアメリカらしい気がする。
とにかく後半はいろんなクスリが出てきて、効果よりもあの国の文化の違いを感じる。
翻訳は話を聞かない男、地図が読めない女の藤井留美。
文体にリズムがあって読みやすかった。
読了日:01月30日 著者:ジェイコブソン,C.R.


食べない人は病気にならない食べない人は病気にならない
9人のマエストロを味方につけて生きろというテーマで章立てされている。
全部が納得いくわけじゃないんだけど、なぜかこの人の本読むと断食したくなるんだよな。
前書「脳がよみがえる断食力」読んだとき初めて断食やってみたいと思った。
読了日:01月29日 著者:山田豊文


カツラーは今日も闘っているのだ!―「薄毛」がイヤでかぶった男の哀しくも愉快な日々カツラーは今日も闘っているのだ!―「薄毛」がイヤでかぶった男の哀しくも愉快な日々
私はハゲが嫌いじゃない。
というかM型ハゲなんて好きな方だから「そんな気苦労が…」と思ってしまう。
そうは言っても無くて悩み、あって悩みの毛の問題。
奥様との溝が埋まりますように。
読了日:01月29日 著者:小林 信也


旧暦はくらしの羅針盤   生活人新書旧暦はくらしの羅針盤 生活人新書
台湾駐在の友だちがいつも通り旧正月を利用して日本に帰ってきた。
その時東南アジアの農暦である旧暦(太陽太陰暦)を捨てたのは日本だけだ、という話をしたが記憶がうろ覚えで再読。
やっぱり気候は太陽太陰暦で受け止めないと実生活とずれますね。
読了日:01月29日 著者:小林 弦彦


面白くてよくわかる!ユング心理学―ユングの生い立ちから理論まで、すべてがわかる大人の教科書面白くてよくわかる!ユング心理学―ユングの生い立ちから理論まで、すべてがわかる大人の教科書
読みやすい!わかりやすい。 ユングの紹介が簡単に書かれているので、もっと関連本を読みたくなります。とっかかりにはとてもよかった。
読了日:01月29日 著者:福島 哲夫


金哲彦のランニング・メソッド金哲彦のランニング・メソッド
読了日:01月29日 著者:金 哲彦


お部屋も心もすっきりする 持たない暮らしお部屋も心もすっきりする 持たない暮らし
「持たない暮らしは節約するためではない。
むしろ持たないことで手間やお金がかかることもある。
ただ、持たない暮らしはなんと心地良いことよ」と著者は言う。
私のあこがれはまさにその通り! 現実はちょっと違うけど…。
この本も断捨離本もこんまり本も片づけ士も私の力になっている。
読了日:01月28日 著者:金子 由紀子


第8のチャクラ―聖なる契りが宿る場所第8のチャクラ―聖なる契りが宿る場所
読了日:01月27日 著者:キャロライン メイス


続々と、旧暦と暮らす続々と、旧暦と暮らす
小林弦彦著「旧暦は暮らしの羅針盤」と「旧暦と暮らす」と一緒に読んだ。実際に旧暦(太陽太陰暦)を活用している人たちの声を中心にしたのが「続々と、旧暦と暮らす」 旧暦を知っていると心豊かに暮らせる気がします。
アジアの(というかそれぞれ土地の)暦で考えたほうが身体も植物も自然体に過ごせると思う。
2012年は閏4月があるので夏が長くなるので初夏といわれる気候が長めになると思うがどうかな?
読了日:01月27日 著者:松村 賢治,風力5


続千葉のうまい蕎麦50選続千葉のうまい蕎麦50選
読了日:01月25日 著者:


マッチポンプ売りの少女 ~童話が教える本当に怖いお金のこと~マッチポンプ売りの少女 ~童話が教える本当に怖いお金のこと~
読了日:01月25日 著者:マネー・ヘッタ・チャン


ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話ヘッテルとフエーテル 本当に残酷なマネー版グリム童話
読了日:01月25日 著者:マネー・ヘッタ・チャン


旧暦と暮らす―スローライフの知恵ごよみ旧暦と暮らす―スローライフの知恵ごよみ
読了日:01月25日 著者:松村 賢治


乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか乳がんと牛乳──がん細胞はなぜ消えたのか
読了日:01月18日 著者:ジェイン・プラント


三浦雄一郎の「歩く技術」 60歳からの街歩き・山歩き (The New Fifties)三浦雄一郎の「歩く技術」 60歳からの街歩き・山歩き (The New Fifties)
雄一郎氏の父上も長寿だし、超越した肉体を持ってエベレスト登頂したのだと思っていたら、一般人メタボ並の崩れた(?)カラダから整えていったのですね。
それも山男ならではの強力(ごうりき)トレーニング!
ウエイトや荷物を増やすことで都会でも登山を想定したトレーニングができる。
会社での階段を密かに一段ぬかしで登っています。
読了日:01月16日 著者:三浦 雄一郎,三浦 豪太


40才からのフルマラソン完走 ~中高年のマラソン入門40才からのフルマラソン完走 ~中高年のマラソン入門
読了日:01月16日 著者:梅方 久仁子


体が若くなる技術体が若くなる技術
ミトコンドリア研究の第一人者ということで読んでみたかった本。
サーチュイン遺伝子、筋トレの理論、代謝の考え方…この本を読んでとても納得しました。
この数ヶ月読んでいた健康、運動絡みの本の内容が整理された感じ。
食べ方も運動も含めて色々な健康法があるけれど根本はミトコンドリアなんだ。
読了日:01月14日 著者:太田成男


100歳までガンにならない食べ方 ボケない食べ方 (青春新書インテリジェンス)100歳までガンにならない食べ方 ボケない食べ方 (青春新書インテリジェンス)
読了日:01月14日 著者:白澤 卓二


ポテチを異常に食べる人たち~ソフトドラッグ化する食品の真実~ポテチを異常に食べる人たち~ソフトドラッグ化する食品の真実~
著者は嗜好品として食べるなら良し、ただ嗜好品の害も知っておけと言う。
煙草も酒も同じ。
カラダに悪いからと何でもかんでも取り上げて、他で大きなストレスを感じるなら程ほどの毒(この場合はポテチ)と共存することもアリだと。
但し、その罠はとてもはまりやすいので、出来るだけ初接触は遠ざけて欲しい。
加工品ナシには生活は出来ないが子供のうちから安易に与えないで欲しいと。
「ソフトドラック化する食品」…わかる。
たまーにカラムーチョ食べたくなる。
そしていつも通り気持ち悪くなる私。
読了日:01月14日 著者:幕内秀夫


幸せさがし幸せさがし
「笑うから幸せになれる」この心がけ忘れないようにしたいね。ピーコ、坂田明、小室等さんらのトークショーのところはゲラゲラ笑ってしまった。
読了日:01月14日 著者:鎌田 實


高齢者の健康学―みずからかちとる生き方上手高齢者の健康学―みずからかちとる生き方上手
読了日:01月11日 著者:日野原 重明,道場 信孝


イラストとケースでわかるやさしくできる傾聴イラストとケースでわかるやさしくできる傾聴
読了日:01月10日 著者:中村 有


人生案内もつれた心ほぐします人生案内もつれた心ほぐします
読売新聞での読者からの相談コーナー「人生案内」。回答者は大学教授、作家、医師等々…の一人である精神科医野村総一郎さんのところを抜粋した本。
医師としてのコメントは当然として、親父ギャグというか笑いのエッセンスで答えるあたりが好き。
新聞の人生案内は30年くらい前から読んでいる。
昔は借金とか裁判とか子供心にこの人どうなっちゃうんだろ?という内容があったが、最近は「そんなことよく投稿してまで相談する気になるね?」が増えた。
向かいの家の布団たたく音がうるさいとか…。
読了日:01月09日 著者:野村 総一郎


和食育二十四節気和食育二十四節気
読了日:01月08日 著者:野崎 洋光


「酵素」が病気にならない体をつくる!「酵素」が病気にならない体をつくる!
読了日:01月08日 著者:鶴見 隆史


香港路面電車の旅―トラムには香港のすべてがみえる窓がある香港路面電車の旅―トラムには香港のすべてがみえる窓がある
読了日:01月07日 著者:小柳 淳,永田 幸子

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 二月 2012 | Main | 四月 2012 »