« 十一月 2011 | Main | 一月 2012 »

断食

2ヶ月ほど前に3泊4日の断食行ってきた。
減食とか回復食は自分で、という断食期間中は「水だけ」というもの。

脳がよみがえる断食力(山田豊文)を読んでから、いつか断食してみたいな~と。
他にも断食について調べると3日めくらいに身体が切り替わるようで空腹感とか気持ち悪さとかがなくなるという感想が多い。
一番の目的は解毒。

食べることを絶つと、細胞が蓄積していた有害物質を排出する。
うわ~魅力的。
頭痛や吐き気なんかは解毒の証し、なんて表現する人もいる。

断食道場に行く前の減食は玄米と小豆のお粥、梅干し、昆布の佃煮、みそ汁という内容。
この玄米粥がおいしいのなんの。
毎食ずっとこれでいい!!という程、私にはおいしかった。
なんとこのお粥は玄米小豆合わせて0.5合に水は1.5合くらいで炊いたかなりシャバシャバ感のあるもの。
この分量で4食分になる。
無理して小食にしているのではなく徐々に減食しているからこの量でも充分に感じる。

実際の断食中は渡された茶碗で1日20杯以上水を飲むことが決まり。
意識して水を飲んでいたから空腹で辛いことはなかった。
2日目は気持ちが悪くて顔が上げられず1日中ヨロヨロして体中が筋肉痛のように痛む。
その夜中に水を吐いたら(なにも食べてないのに茶色いのはなぜ?)スッキリさわやか。
ああ、これが壁を突き抜けたのか、という感じ。

いままでは「お腹空いて死んじゃう」とかほざいていたが、実際に断食してみると大丈夫なんだな。
減食メニューの玄米粥も使う米の量をみると備蓄用の食料リストも簡単になってくる。
実際に体験してみるって大事だね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2011年11月に読んだ本 まとめ


人生がときめく片づけの魔法人生がときめく片づけの魔法
読了日:11月30日 著者:近藤 麻理恵

100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))100万回生きたねこ (佐野洋子の絵本 (1))
読了日:11月30日 著者:佐野 洋子

長寿遺伝子を鍛える―カロリーリストリクションのすすめ長寿遺伝子を鍛える―カロリーリストリクションのすすめ
読了日:11月27日 著者:坪田 一男

百寿力 長寿遺伝子のミラクル百寿力 長寿遺伝子のミラクル
読了日:11月22日 著者:白澤 卓二

レオナルド・ガレンテ―「長寿遺伝子」を解き明かす (NHK未来への提言)レオナルド・ガレンテ―「長寿遺伝子」を解き明かす (NHK未来への提言)
読了日:11月21日 著者:レオナルド ガレンテ,白澤 卓二

浜内千波のシンプルクッキング革命―最小限の手間と道具と調味料でおいしさを引き出す (主婦の友αブックス)浜内千波のシンプルクッキング革命―最小限の手間と道具と調味料でおいしさを引き出す (主婦の友αブックス)
読了日:11月21日 著者:浜内 千波

料理学―「分とく山」野崎洋光の料理学―「分とく山」野崎洋光の
肉、魚、野菜の霜降り!!このひと手間をかける価値あり!もっと早く野崎さんの本を読んでいればよかった…。
読了日:11月20日 著者:野崎 洋光

もっと豆腐が好きになる―かんたん豆腐おかずもっと豆腐が好きになる―かんたん豆腐おかず
このレシピを生かすにはもっとおいしい豆腐を探さねば。にがりを使っていて、消泡剤使ってない豆腐探すのが大変。消泡剤は「グリセリン脂肪酸エステル」という名前で表示されてるよ。
読了日:11月20日 著者:野崎 洋光,谷島 せい子


雑穀と野菜でつくるつぶつぶクッキングSTART BOOK雑穀と野菜でつくるつぶつぶクッキングSTART BOOK
読了日:11月20日 著者:ゆみこ

仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)仕事ができる人はなぜ筋トレをするのか (幻冬舎新書)
読了日:11月20日 著者:山本ケイイチ

ボディメンテナンスメソッド―一生使えるカラダのつくり方ボディメンテナンスメソッド―一生使えるカラダのつくり方
読了日:11月20日 著者:

2011年11月の読書メーターまとめ詳細
読書メーター

| | Comments (0) | TrackBack (0)

筑波山南西麓、宝篋山(ほうきょうざん)

旦那が先月、高尾山に登ってきて楽しかったらしく今度は筑波山に行きたいと。
アマノジャクな妻は筑波山なんてメジャーなハイキングコースは選ばないんだよ、と同じ筑波山でも南西にある宝篋山、標高461mを選択。
男体山女体山は800m以上あるので私の体力に自信がなかっただけなのだが。

コースもいくつかあって、その中でも沢沿い(小さいので子供でも大丈夫)を歩く。


 


いいじゃないすか!!
こーゆー、水が流れているところ大好き!
 
 


途中、トレイルランニングの人たちとすれ違う。
フツーに登って1時間20分ほどかかるところを彼らは30分くらいで走るらしい。

頂上からは富士山はもとより、日光連山、たぶん赤城、榛名山も見える。
見えるんだがどれがどの山なのかがわからない。
30年くらい前に筑波山山頂からみた景色は超高層ビルと言えば新宿くらいだったのに、いまではどこも超高層ばかりで都内のどこなのかかが全然わからない。
さすがにスカイツリーはハッキリ見えます。

12月半ばで山頂には2日前に降った雪が!!!
次に行くときのためにトレッキングポールが欲しくなりました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 十一月 2011 | Main | 一月 2012 »