« 二月 2010 | Main | 四月 2010 »

食べるラー油

先日の、自作食べるラー油。
昼間に温麺(うーめん)を作ったのでスプーン小さじ1杯を混ぜたところ激ウマ!!
自画自賛のなかでもトップクラスです。
なんだこれ、うますぎるぞ!
友達に味見・・・なんて書いたけど、それまで残ってないかもしれない。

温麺のあと調子に乗ってポン酢とコレを混ぜてサラダのドレッシングに。これはまるで餃子味!レタス食べているのに頭の中は餃子や~。
冷や奴にも具たっぷりラー油がけ。
飽きたらず、無印良品のミニインスタントラーメンにも入れて食べたら1日のアブラ許容量を遙かに超えたためうっすら気持ち悪くなりました。食べ過ぎた・・・。

 
 

自分でブログを読み直してみたら中身が少し足りなかった。

>辛子、ニンニク、ショウガ、長ネギの香味系にシイタケ、ニンジンをフードプロセッサーで細かくして140度の低温でじっくり揚げる。一味唐辛子、色味でパンチをつけようとパプリカパウダー

リンゴジュースを作ったときの絞りかすにカシューナッツ、アーモンドを砕いたもの。生のニンニクの他にローストガーリックも入れてたんだ。分量は全てテキトーなので(いつものこと)同じものを作るのは無理。私の料理はいつも「試作品」。ゴボウも入れようと思ってたんだよな~。唐辛子もテキトーに入れた割には辛すぎずちょうど良い。

桃屋のサイトを見ると「辛そうで辛くない少し辛いラー油」原材料名は、
食用なたね油、フライドガーリック、食用ごま油、唐辛子、フライドオニオン、唐辛子みそ、砂糖、食塩、パプリカ、すりごま、オニオンパウダー、粉末しょうゆ(小麦を含む)、調味料(アミノ酸)、酸化防止剤(ビタミンE)

フライドオニオンもいいねー!
塩やしょうゆは実際に使うときに調整するから私は入れなくていいや。
10数年前に「自作ラー油食べたら、市販品は買う気にならないよ」と聞いてずっと気になっていた。その当時は粉唐辛子に熱したごま油を入れるレシピだけどアツアツの油が飛び散るのを見てやらなかったんだよね。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

食べられるか?のラー油

自分でラー油作ったんですよ。ちょっと前に。
うわーうめーうめー言ってたら「食べるラー油が人気」というニュース。
その商品食べてないんでどんな味なのかわからんのですが、想像で作ってみた。


食べられるか?のラー油

携帯から画像送ったら、でか。

唐辛子、ニンニク、ショウガ、長ネギの香味系にシイタケ、ニンジンをフードプロセッサーで細かくして140度の低温でじっくり揚げる。一味唐辛子、色味でパンチをつけようとパプリカパウダーを入れた空き瓶に油ごと投入。しばらくブクブクしてます。

ラー油としてはOKだけど、揚げた野菜(というかカスって感じ)は香ばしいととるか焦げっぽいととるかで「食べるラー油」と名乗ってよいのかビミョーな出来・・・。近いうち友達に毒、味見させよう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ドラえもんもおすすめの寿司


とは思いませんが看板があったので、ええ。

Sushi_1


裏に回ったら詳細が。


Sushi_2

手巻き寿司なんだ。


2週間ほどで正月を迎える中華圏。
提灯の飾り付けをしていました。


_1


_2


| | Comments (1) | TrackBack (0)

長州島で食事

長州島に行ったら、やっぱ海鮮でしょう。
大蒜蒸蝦~。

でも、困ったことにお腹があんまり空いてない。
ここまで来てなにも食べないわけにはいかないし、無理してでも食べる!

わざとキョロキョロして呼び込みのおばちゃんに絡め取ってもらう。
この並びの店で4回ぐらい食べているけど、どこで食べたかなんて忘れてしまったよ。

1_2

今回は忘れないように記録。


何軒かメニューをみたけど目当てのメニューは同じような感じ。
こんなん食べますた。

3_2


あんなに大蒜蝦~好味~言ってるわりにはエビ注文してないやんけ!
殻とるのが面倒で・・・。
というか、お腹があんまり空いていないので山盛りのエビより「6個のホタテ」のほうが食べ切れそうな感じがしまして。


4_2


旨味を吸った春雨も大量のにんにくもガッツリ頂きます!
青島ビールも進むぜ。

と、ビールの缶を持った白人のおっちゃんが声をかけてきた。
何を言っているかわからない。英語じゃないし、広東語か?
わからん、という顔をしていたら英語で話しかけてきた。
私を中国人だと思って中国語でしゃべったらしい。
長州島に住んでいるというジョン(と名乗った)は、まだ話足りなそうだが
アルコールでふやけた脳みそで英語で会話なんて出来るかい。
いや、シラフでもしゃべれませんから。


SO BOR KEE RESTAURANTのトイレにあるトイレットペーパー。
ワイヤー通しただけの無駄のない設置(笑)

2_2

| | Comments (0) | TrackBack (0)

長州島ふたたび

一時的にでもホテルに戻りたくない。でも車生活の脂肪ポテポテの足では体力不足。なにせ一人旅で寝こむような顛末になったら大変なので、身体は楽して時間つぶしには・・・

「そうだ、島に行こう」

片道1時間の船旅。ずっと座ってられるし。
そんなわけで長州島へ。
船を待つ間、ルートを色々考えていたら長州島へ渡った後、ランタオ島にも船が出ていることがわかった。でもこの時間ではランタオ行きには間に合わない。残念、また今度ね。

3


長州島では自転車と↑こんな車両だけで車は走ってない、のが売り?だったのにフツーの車発見。

2


1


警察車両と救急車です。

4

レンタサイクルに乗るカップル。
頑張れ、男子。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

JL ホテル、君龍酒店

こんなに滅入ったホテルに泊まるのは久しぶりだ。
JL ホテル(君龍酒店)。

最初にホテルを予約してから参加人数が変わったのでキャンセルしたら、なんとキャンセルチャージが100%のプランだった(泣)
あー、アホだ。
この傷を小さくしようと安いとこを探したのがこのホテル。
全部ツインの部屋だ、と紹介してあったので狭いとはいえツインなら何とかなるだろうと思ったらダブルベットの部屋だった。
避難経路のイラストを見ると、たぶん一番狭い。

避難経路通りに階段降りましたよ、非常ベルなったときは!
今後は間違いなく避難経路を確認すると思うよ。


シャワーブースが一応カーテンで仕切られているっちゅう話だったから、それなら我慢できると思ったのに便器の上にシャワー。
でた、香港スタンダード。
香港の住宅ではこれも一般的と言われるんだが日本人にしてみればトイレの個室に便器とシャワーが一体になってる。シャワー使ったら便器も水浸し。

この部屋にいるのが息苦しくて、朝に部屋を出てから一度も戻ることなく14時間は出歩いてた。


Jl2

部屋を換えてくれ~と交渉するも「予約した時点でワンベットルームだったからダメ。他に部屋ないし」
最後の台詞は信じちゃいないが、所詮私の英語力ではどうにもならん。
でも勉強になりました。「一室○○ドル」という設定だから、今度から一人旅でも宿泊者を二人にして申し込もう。

Jl1_2

窓にはめ込むタイプのエアコン。
吹き出し口のカーテン加工がすばらしい(笑)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 二月 2010 | Main | 四月 2010 »