« 波をちゃぷちゃぷ | Main | 月夜に輝く台湾は見られるか »

ありがちな話題

「サンタさん、いつまで信じてた?」

子供なりにお願いしても、あんまり夢見た通りのプレゼントが届いたことのない私のサンタさん。
サンタとの決別のとき。
そのときの25日の朝の枕元には手袋が置いてあった。


あまりにも実用的すぎてがっかり。
サンタさん、私の心のお手紙、届かなかったの?


サンタさんからのプレゼントは手袋だったよ、と母に報告すると
「まあ!すてきな手袋じゃない!」と褒め称えるコメント。
なにを言われたって面白くないさ、だって私の欲しかったのは手袋じゃないもの。


「あら、アンゴラの手袋だし、良い手袋よ。これは」

あ・ん・ご・ら・あああああ??????
超現実的な慰めに真実が見えた(笑)

たぶん小学校2年生くらいの記憶。

|

« 波をちゃぷちゃぷ | Main | 月夜に輝く台湾は見られるか »

Comments

サンタを信じていた記憶が、そういえばないこと
に気がつきました…。
いつ頃から親だと思っていたのだろうか??

Posted by: tmk | 09-12-28 at 下午12:56

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21675/47108258

Listed below are links to weblogs that reference ありがちな話題:

« 波をちゃぷちゃぷ | Main | 月夜に輝く台湾は見られるか »