« 九月 2009 | Main | 一月 2010 »

ありがちな話題

「サンタさん、いつまで信じてた?」

子供なりにお願いしても、あんまり夢見た通りのプレゼントが届いたことのない私のサンタさん。
サンタとの決別のとき。
そのときの25日の朝の枕元には手袋が置いてあった。


あまりにも実用的すぎてがっかり。
サンタさん、私の心のお手紙、届かなかったの?


サンタさんからのプレゼントは手袋だったよ、と母に報告すると
「まあ!すてきな手袋じゃない!」と褒め称えるコメント。
なにを言われたって面白くないさ、だって私の欲しかったのは手袋じゃないもの。


「あら、アンゴラの手袋だし、良い手袋よ。これは」

あ・ん・ご・ら・あああああ??????
超現実的な慰めに真実が見えた(笑)

たぶん小学校2年生くらいの記憶。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

波をちゃぷちゃぷ

身近な人の病気発覚
肉親との死別
はては泥棒侵入被害

身近なところで色々な事が起こってまして。


と言っても上記の項目の大半は「私のこと」ではなく
「私の近い人たち」の話なのですが。

ドロボー被害に年齢はカンケーないですが、その他はこれからも増えることでしょう。


全部の歌詞は忘れてしまったけれど、この部分だけ通勤の車中で繰り返す。

「 泣くのは嫌だ / 笑っちゃおう / 進めー! 」


思い出しついでに調べてみたさ「ひょっこりひょうたん島」
音も出るから気をつけて

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« 九月 2009 | Main | 一月 2010 »