« やられた! | Main | 波をちゃぷちゃぷ »

どこまで許せるか。永遠に折り合えない人たち

通っていた中学校はお弁当持参で、親たちは毎日大変だったと思う。
自意識過剰な年代は人のお弁当も自分のお弁当も気になっていただろうけど大半は忘却の彼方。

それでも印象的だったのは、キノシタ君がお弁当にカレーを持ってきたことだ。
片方の容器にはごはん、もう片方にはカレー。
液体じゃないけど、カレーのような液体っぽいものを弁当にするなんて!
キノシタ、ヘンだよ!と言いながらもカレー弁当ってアリなんだ・・・と心に差し込む光。
アレが弁当としてアリなら自分も・・・。
そう思ったのは自分だけじゃなかったようで、その後は容器二つにしたカレー弁当は定番になった。
冷えてざらついたルーのカレーでも美味しく感じたガキの時代。

前日のカレーを入れるだけで完成のカレー弁当は親にとっても福音だったはず。
福音とは大袈裟な(笑)

ご飯の上にもう一つのタッパーから”冷たい”カレーをかける様子は、外食の時のカレーのようにご飯とカレーとが別々に提供されるものだからか。家では一皿に一緒に盛られてくるのが定番だというのに。
そういえば、ご飯にカレーをかけて持ってくる友達の記憶はない。


あれから十数年経って、「完成された家庭のカレー」をお弁当に持ってきた人を見ました。
それも皿ごと。
「すいませ~ん、こんな状態でお恥ずかしい。時間がなかったもので」と言い訳付きこそこそと出してきたのはラップをした皿ごとのカレー。
カレー皿ごと温めるために、レンジのある給湯室まで長い廊下を歩く姿を見て、皿ごと持参はないだろう、とは思う。最初に見たときに、本人は非難されるかも?という態度でいたのに、衝撃のあまり私が曖昧な態度をしたせいかとうとう昼だけでは収まらなくなった。

カチョリ、という音で振り向くと自席のパソコンの前で瀬戸物の丼鉢で朝食を食べていた。

38にもなって、自宅通いでそりゃないだろうて。
自宅から車で15分なら、食ってこいや・・・。

|

« やられた! | Main | 波をちゃぷちゃぷ »

Comments

もみさん

そんな・・・当日作るなら、ちゃんとしたお弁当作りますよ。
先日のあまりを寄せ集めした「お好み焼き」なので
特大の日もあれば、特小の日もあります

そうそう、容器は気になりますよね。

この場合ガラス製の浅いタッパか、
普通のお弁当箱の仕切りを取り外し
お弁当箱の大きさに合わせて切ったお好み焼きを
上手に入れるのが
腕の見せ所なのです♪

Posted by: いけ | 09-9-19 at 下午9:46

>tmkさん
女です。
あ、私は猫舌なので食べ物はあっためなくても困りません。むしろモスのように「できたてアツアツ!」なんてやられると腹がたちます(笑)
冷めたお茶飲んでるんじゃなくて、冷ましてたの!みたいな。

>いけさん
お好み焼き弁当、これって朝作ったりするの?
お弁当って何持ってきてもいいけど、容器というかTPO(最近あんまり聞かないね、この言葉)なんだと思う。高級レストランの皿がメラミン製のがでてくるとかさ。

ウチも自宅の皿を良いのに買えれば、美味しく感じるかしら。論点ズレ!

Posted by: もみ | 09-9-19 at 上午10:08

ほんとっ!食って来い!
私が言ってやろうか?
かちょりサンに


---

カーレー弁当は私の周りにはいなかった

でもね・・・
社会人になった私は
お昼ごはんに
お好み焼きを持参してました。

東京人たちはめずらしそうに見てました^^;
んで、後日まねっこ人も登場したよ

Posted by: いけ | 09-9-17 at 下午7:52

会社にレンジがあるといいよねーhappy02

ってそこじゃないし。
その人は男?女?
どっちにしても、ある意味、剛の者。
その方面に「剛」でどうするどうなる。

Posted by: tmk | 09-9-17 at 下午12:42

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21675/46231554

Listed below are links to weblogs that reference どこまで許せるか。永遠に折り合えない人たち:

« やられた! | Main | 波をちゃぷちゃぷ »