« 一月 2009 | Main | 三月 2009 »

役に立つかどうか

旅行までの時間もあんまりないし、とりあえずこれでも聞いてみようかとダイソーで旅行用ハングル会話集のCD購入。すばらしい、これで105円。

”機内で隣の人に話しかけるフレーズ”
無理だから。

”助けて!など緊急時のフレーズ”
日本語で言ってしまうから。

などなど、大半は使わんて。いや使えんって。


400以上のフレーズが入っているけど、覚えるのは挨拶とか買い物フレーズくらい。
あとは空耳でハマった言葉。
「具合が悪いです」がどうしても「もみじ饅頭はよ?」に聞こえる。
饅頭の「う」は省略した感じ。モミジマンジュハヨ。
だからといってコレも使わんな・・・。

2週間ほど集中して聞いていたCDは、ダイソーらしいと思える状態に変化してきた。
それは、音飛び。
早っ!
「なにか お探しですか」の「に」が半分ほどカットされて「なんか お探しですか」とより口語体に(笑)
日本語が音飛びしていると言うことは、対応している韓国語もどこかが音飛びしているわけよね。
音が欠けているばかりの状態が続いたら、とうとう

「こんにちちは」

1文字増えた(笑)

| | Comments (2) | TrackBack (0)

また成田空港にて

カクカクシカジカ、ありまして
月の頭に香港に行ったばかりだというのに、なんと本日から初訪韓ですよ!
出張でもなく、細々とマイルを貯めて香港行きを繰り返す私が韓国行き。

なんでこんな顛末に?と自問自答するほどの状況でして、だからカクカクシカジカだっちゅーの!
気を緩めるとマイナス要素の波が襲ってくるので、楽しみをたくさん見つけて自分を盛り上げないとっ!

成田からソウルという短時間フライトながらホットミールを提供してくれるというアシアナ航空も楽しみ。
歯磨きチューブみたいな容器のコチュジャンとか。
去年の2月に比べたらウォンが半額。
せっかくだからBBクリームも買おう。

あとは・・・

あとは・・・

思いつかない・・・。鼓舞するものが見つからな~い(笑)

 
理由はわかっているのです。
楽しみよりも心配の分量が大きいから。
旅行メンバーは60歳以上を6名含む親族8名!
私を含めて全員初訪韓。

食べ物の好み、辛さの対応、体力。
こうして出かけるとなると知っているつもりで、相手のことをなんにも知らないもんだなあ~と思うことしきり。
足腰が弱ってきているって言葉では知っていても、じゃあ階段ならどのくらい?、寒い中歩くならどのくらい?、想定しても全然わからない。と、言うか自分の体力が一番心配だったりして。
せっかく行くなら、みんな楽しく帰ってきたいから下準備はしているけど、それでもヌケはあるから困ったモンだ。
ネットで見つけた情報とクーポンを印刷していたら、電話帳くらいの厚みになってしまった。るるぶの何倍の重さだよ、これは・・・。
大丈夫か、オレ!

___

最低限ハングル読みできないとマズイかも、と本を買って、日本の50音でいえば3分の2を覚えたところでタイムアウト!覚えたところで単語の意味がわからなければどうにもならないわけだし。基本はお礼と挨拶、それにその国の言葉で「おいしい!」その3つだけ忘れないで行こう!ケンチャナヨ!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いいことも悪いことも同量

いいことがあれば悪いこともある。
悪いことがあっても、いつかその状態から抜け出せる。

と、思っているので悪いことが重なってくると「しょうがねーな」としばらく波にのまれている。

またかよー。
あー、これもタイミング悪かったなー。

悪いことのくり返し。
 
 


そして、今日。
予約した商品を受け取りに行ったら財布を会社に忘れてきた。
免許証も入っているから、免許不携帯だわさ。

緊急用にポーチに仕込んであるお金で、とりあえずは事なきを得た。
とりあえず、結果オーライならオッケー!

落ちた波も底を打ったかも。

え?違うの(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

当たり!の間違い

香港ではメニューにわざわざ載っていないくらい定番の「青菜」
その時の旬の青菜が出てくるので、野菜自体の名前は知らないんだけど。

チムサーチョイ、厚福街の唯一麺家での朝食。
今まで通じていた(と思われる)発音で、青菜を注文したつもりが・・・・
 

Img_2399

こ、これ?

 
白菜のような野菜と、薄切り餅(っぽい)に細切り肉の炒め物。
本当はもう一つ注文したものが結果的に出てこなかったので青菜が間違われたのか、そのオーダーが間違われたのかは不明なまま。二人ともこんなに香港に来ていても、間違いとそれを訂正できないことはしょっちゅうでございますよ。

これ、おいしかったなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

溶樹湾

Y0902_14


溶樹湾のフェリー乗り場を出て、人の流れにくっついて歩いていくと壁にはたくさんの張り紙。
ベットやソファーいりませんか?の張り紙やワンコの写真も。


Y0902_10


Y0902_11


Y0902_12


Give Me a Home!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

蝦とシャコを食べるためだけの南Y島

南Y島、と書いて「ラマ島」と読むなんてどうにも納得いきませんがそれが地名だと言われれば仕方がないです。Yの字も漢字だなんて!
香港島中環(セントラル)から船で30分ほどの小さな島です。
本当は長州島に行こうという話だったけど、移動時間往復2時間だと2泊3日の香港ではキツイと言うことになりラマ島になりました。セントラルからだと索罟湾と溶樹湾への船が出ています。索罟湾にあるレインボーレストラン天虹海鮮酒家で食事をすると、店の船でセントラルまで送ってくれるので行く気満々。ですが、時刻表も調べずテキトーに船着き場に着いた私たちの選択肢は溶樹湾行き。午後の用事も詰まっているので溶樹湾でいいさ!蝦もシャコも溶樹湾で待ってるさ。

Y0902_18


乗船人数が多いのにビックリ。ラマ島には白人さんが多く住んでいるので大半が白人な印象。

長州島もそうだけど車がないラマ島では自転車がたくさん。
フェリー乗り場にはこんな風に自転車が止まっています。
車がないと言っても荷物を運ぶための3輪小型車のような、築地市場を走る運搬用特殊車両(ターレー
だっけか?)を思い出すような車はあります。

Y0902_15


店先に甲殻類が並ぶレストランに入って、それぞれ目当ての蝦とシャコをオーダー。

Y0902_5

エビは大蒜炒めで!
シャコの写真は?
系統的にはエビもシャコも似たような味だと思うのですが、ワタクシ見た目でシャコが食べられません・・・。湯気があがるシャコに大喜びのtmkさんを見ながら、私がシャコの写真を撮る必要はないなと判断しました。つか、写真を撮る気にもなれなかった(笑)

Y0902_4

当たり前すぎてメニューには載っていない、旬の青菜のオイスターソースがけ。
香港に来始めの頃、隣のテーブルではみんな青菜を食べていて「どうやって注文すればアレが食べられるんだろう?」と思ってました。
そうそう朝食に入った厚福街の唯一麺家で頼んだら発音が思いっきり間違えていたらしく、全く違うものが出てきたっけ。


| | Comments (3) | TrackBack (0)

こんな程度です。やってることは。

厚福街で朝ご飯を食べて、南Y島にいく待ち合わせ時間まで別行動。
とことこチムサーチョイのバスターミナルまで歩く。

0902_23


土曜日の朝なので出勤風景、というほどでもなく。


0902_22

買い物するにも店は開いていない時間帯だし、どうすべか・・・。
待ち合わせまで1時間半。
行けるとこまでバスでGO!
同じナンバーのバスに乗って帰ってくればおっけー。

というわけで選んだのは1A.。
その理由は一番早く発車しそうなバスだったってことだけ。
2階の一番前に乗って。


0902_16


0902_15

↑土曜の朝のネイザンロード。

0902_13


↑これもネイザンロード。
香港版ベビーカステラの店、夜もものすごい人だかりだった。
列もなにも人が群がっているので買うきっかけが掴めないけれど、この時間なら大丈夫そうだ。
朝からコレを食べたいかと言われるとムズカシイところだ。

0902_11


0902_10

↑おっと。ネイザンを左に曲がってから、ぐるっと回ってネイザンを横切り、

0902_7


↑この道は初めてだな。

0902_6


住宅街エリアに入ってきたみたい。
あ~もっと行ってみたいけど、そろそろタイムアウト。

0902_2


0902_3

0902_5


0902_1


バス停でフィリピーナに知り合いと間違われたりして、再び1Aのバスにて天星碼頭へ。


| | Comments (0) | TrackBack (0)

Choco Cat Cafe(尖沙咀海防道)

帰りの航空券の手配で香港HISに立ち寄る。
(自分のではない)
発券を待つ間、「そういえばこの近くに猫カフェありますよ!行ってみますか」
「わたし、猫カフェ行ったことな~い」
「私も香港の猫カフェが初体験でした!」

0902_2


あー、猫遊び飛び道具を持ってくれば・・・、と悔やむtmkさん。
私もここに来るとはまったく予定していなかったので、仕込みも何も。
前回の話はこちら


0902_3


椅子のボロボロ加減がよろしい!
自分の家じゃないから、笑ってみられる。

0902_1

レジ近くに猫の写真と名前が張り出されてたけど、8匹ほどいるみたいです。
お店は日本で言う4階(香港だと3階)だけど、道路からの入り口はわかりにくい。
上を見上げてChococat Cafeの文字を探したほうが旅行者には発見しやすいかもね。
本気で行きたくてココにたどり着いた方は前回の話にリンクがあるので参考にして下さい。


0902_4

まだ、こんなのあんの?
つか、今香港でこれ?

いくら入れれば、よかったのかな。
試してくれば良かった。ネタ的に。

Photo


|

スターフェリーのトークン自販機

公共交通機関はオクトパスカード(関東で言うならスイカやパスモ)で乗り降りしているので、いつこんな風になったのか気がつかなかったが、いつの間にかスターフェリー乗り場にトークンの自動販売機ができていた。もしかしたらセントラルのスターフェリー乗り場が移動してからこうなったのか?

Photo

値段に変更はないみたいですね。


この機械でトークンを買った後に自動改札を通ります。改札機の上にはトークンならココ、オクトパスカードならココ、と案内表示がぶら下がってました。


用事もないのに、スターフェリーに乗るためだけの時間。
30円もしない運賃で旅行気分は満喫です。

スターフェリーの他にも「1番バスに時間制限いっぱいまで乗る」とか「どこに行くかわからないがバス停に止まったバスに乗る」等をやってみたですよ!一般観光な方達にはちっとも役に立たない記事ですわ。

毎回がこんなだから「香港に何度も行くけど、なにしているの?」とか「なにが楽しいの?」って聞かれるのが一番困るんです。
話しても理解されにくいし(笑)
結果、誰にも言わずにコソッと行って帰ってくる。
この2年ほど会社では香港に出かけたとは知らないはず。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

もしかして、女人街も不況の波が?

2月6日の21時過ぎだと思う、女人街。

この日は午後に香港に到着。
ホテルにチェックインしたあといつもの通りに重慶飯店GFで両替して、目当ての牡丹庭に向かうも当日は貸し切りで退散。
別の店で(モンコク方面)で食事をして街歩きの女人街の人の少なさ!!

夕方ならともかくこの時間で客がスッカスカじゃないですか!
ほんの少しだけど、出店のない欠けた場所もあって、もしやここもリーマンショック?

Img_2392

もっと早い時間にスカスカなことはあっても、この時間でこの様子って?

 


気になるけど欲しかったら後で買いに来よう、という気持ちが旅行の「負け感」を増長するのがわかっているので、おみやげ物と頼まれものはどんどん買う。
でも初日って、値切りの加減もレート感覚も切り替えがきかなくて買ったものをホテルに帰って見てみると割高感があるものも(笑)

でも、今回の香港は私が今まで出かけたなかで一番いいレートだった。
1HK$=11円台なんてありえな~い。ブラボー!
そう言ったら同行者のtmkさんに「9円くらいの時を知っている」と言われました。
そんな金額知ったら、買い物できなくなる(笑)
今回は香港好き仲間tmkさんと現地集合の香港旅。
前回は9年前だったことに二人とも衝撃。

あんとき一緒だった誰々さん、とか、あの合流した誰々さん、の思い出話が正確に思い出せず過ぎた年月を老いを痛感。
今回の旅行も10年後には記憶が薄れる可能性があるのに、証拠の2ショット写真を撮らないで帰ってきてしまったわ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

香港滞在終了

案の定、体力不足によりヘロヘロのヘロヘロで搭乗ゲートにたどり着きました。まだまだ時間はあるけどお土産を見る気力ゼロ。
明日は起きられないかも!
空港の奇華餅家が無くなってて残念。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

秋に予約したのでサーチャージが高い・・・

今度こそ、写真をいっぱい撮ってこよう。

0706

現地は最高気温が21度。
21度がどんな感覚だったのか思い出せず、服装に悩む。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

狙われている(笑)

仕事仲間に「もみさんはブログなんてやってないんですか?」と聞かれた。

えー、ネットの日記みたいなのでしょう?無理無理。そんな毎日書けないもの、と答えた。

だってそうじゃないとあなたの 悪口が書けないでしょ。

_____

食い道楽旅行を直前にして、歯の詰め物が取れた。
久々の歯医者はかなり緊張してしまい、言われたことをトンチンカンに聞き直したり、 医者に求められていないほど状況を説明したりしてオバチャン度数上昇をひしひしと感じる。通勤は車なので独り言も加速していると思う。 誰も止められない。止めて欲しいが止まらないし(笑)

| | Comments (1) | TrackBack (0)

« 一月 2009 | Main | 三月 2009 »