« 二月 2008 | Main | 五月 2008 »

ビタミンDを作ってみる

「テレビで見たんだけどさ、エリンギを干して食べるとうまみ成分がなんちゃら倍(私が聞き忘れた)になるんだってよ!知ってた?」エリンギのことは知らないけど、野菜でも大抵のものは干すとうまみが増すらしいね。「じゃ、なんでやんねーのよ?」

めんどくさいから、と答えるのはそっと心にしまって、じゃやってみようか~と作業を相手にバトンタッチ。まずは椎茸。追加のブナシメジ。
干すのは100円ショップで買った干物用ネット。

去年、干し野菜作って、途中保存に失敗したけどキノコ類はやってなかったね。


Photo

もともと干し椎茸のうまみパワーは体感してました。煮物の天才かも?と勘違いするくらい干し椎茸入れるとおいしくなる。自家製1日干しの半生タイプを食べてみたけど・・・

絶品。

 
写真の椎茸は干して3,4日の姿で既にカリカリ。
ブナシメジは1.5日というか2日くらい。さわってみると芯にはまだ水分を感じる程度の乾き具合。これをさっと洗って野菜と炒め煮に。シメジだけ味見すると乾燥したところにだしを吸ったからからなのか、うまみ成分なんちゃら倍の効果なのかビックリするほどおいしい!

だから椎茸の原木買おうよ~って言ったのに。

でもこのおいしさを体感させたから来年あたり原木買うか!って言うかも。
私の追い込みキノコ漁、うまくいきますかね。

| | Comments (7) | TrackBack (0)

ばあちゃんとおしゃべり

通勤途中でペットと思われる犬猫よりも野生動物が車にはねられた状態に遭遇することが多い。今日はタヌキとイタチだった。自宅でもタヌキの姿を見たばかり。里山が広がる地域にはまだまだたくさんの動物がいるから、運転には気をつけないとね。

犬の散歩の途中、畑仕事をしているキン婆(前歯の金歯がステキ、だから)を見つけた旦那。「お前の言う、野菜は口で収穫ってのに行こうよ」と言われて、しばらくキン婆とおしゃべり。

「この前、息子達と墓参りさ行ったらガサゴソ音がするほう見たら野ウサギがいた」
「庭先で育てている野菜を出しっぱなしにしたらハクビシンかタヌキかに食われてしまう」のだそうだ。
そう言えばウチの魚を捨てたゴミ袋をバリバリに破いていたのは、きっとタヌキ。

0802

やっぱりこの辺は動物いっぱいいるんですね~。

「違うよ、いることはいただろうけど、人間の前に姿見せるなんてなかったんだよ。きっと山に食べ物ないんだろ」

追い込まれている動物のことを思うと心が痛む。

「あ、あんたら大根でも持って行くか」

はいはいはい!頂きますっ!

あ、「口で収穫」ってこーゆーことか。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

餃子への道

みじん切りなんていうチマチマした作業は嫌いじゃない。むしろ無心に刻んでいる時間は好きなくらい。
だから餃子を作るのは面倒ではない。それでもミートホープ社の一件以来挽肉を買うのに躊躇するようになってしまって久しく餃子を食べてない。
そんなことを友達に話したら「フードプロセッサーを買いなされ」と。
挽肉作るのも自分の都合のよい量が作れるし、混ぜるのも簡単!使いこなしている友人は熱く語ってくれました。そういえばグルメで料理好きな心の師匠もフードプロセッサーがあると料理の幅が広がるよって言ってたっけな。既にプロセッサー持っている友人は「安いメーカーのですが充分役に立ってます」という。たぶん三千円台でしたよ、と。

三千円台か…。
収納が少ない台所だからな~。
プロセッサーって背があるから、どこに仕舞おう?
欲しいけど、迷うな~。

本当は先月にクレジットカードのポイント交換でANAマイルに交換できないボーナスポイントを使ってプロセッサーを選ぼうとしたんだ。直前でこのポイントをGポイントというポイントサイトに交換すればANAマイルに移行できることに気がついてやめたんだっけ。


テレビで毎日のように餃子餃子と連呼されると食べたくなる。
同じような人はたくさんいるようで、なんとスーパーの挽肉コーナーはカラッポ!
「食べたい→欲しい」の無限ループに突入。

他のポイントサイトのポイント数を確認して回ったらなんとCMサイトでフードプロセッサーに交換可能ではないですか!
いや~、長年にわたりチマチマと貯めてきた甲斐がありましたよ!もうメーカーも仕様も気にしな~い。現金が動かず手に入るなら、どんなのでも結構!自分で選ばないほうが失敗しても後悔しなくて良さそうだし。

ツインバード フードプロセッサー KC-D618GR
これになりました。


届くまでに約3週間だそうで、いまから楽しみだわ。
餃子食べたさで欲しくなったプロセッサーだけど、餃子の他に何を作ろう?

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« 二月 2008 | Main | 五月 2008 »