« 反省と後悔と目標 | Main | 寒いし、雨だし »

ゆず

冬になると、他人様からいただくことの多い「ゆず」
今年は特に豊作(=いっぱいもらった)
一人一人からは数個づずつ頂くのだけど、今年はその人数が多かったのです。

子供の頃はちっとも好きじゃなくて、白菜の漬け物に入っててはウエ~、鍋のポン酢に入っててはウエ~。香りは悪くないけど、なんとなく苦いのがダメでした。

それが今では皮を刻んで漬け物に湯豆腐に鍋にとガンガン使うように。食べ物だけじゃなく「ゆずの香りの・・・」と書いてある化粧品があれば必ず香りチェック。今年は「ゆずみつ」と名が付いたリップクリームを購入。もうゆずの香りがそのまんまという上出来なリップクリームで鼻の穴につっこんでいたいくらいだ。600円ほどだったから余分に買っておこうか。両鼻用に。
 
 
 

え?
 
 
 
 


韓国ではゆず茶がポピュラーらしいですね。世界の色々な場所でその土地の人が日常的に摂取する飲み物に茶とよばれるものがあります。緑茶・紅茶・中国茶、チャイやバター茶、ミントティー、茶葉を使わないところもたくさんある。茶葉を使っている日本と中国とも近いのに韓国にはteaがないなあ、と思ってました。でもむかーしむかしはお茶を飲んでいたらしいです。お茶は仏教と共に韓国に入ってきたんだけど、仏教弾圧や儒教の影響で仏教とつながりの深い茶木も切られて茶の文化が途切れてしまったと聞いたことがあります。

今年、大量に集まったゆず。料理の添え物だけでは使い切れないし、お風呂に使うのも勿体ないし、自作ゆず茶を作ることにしよう。煮て作るタイプもあったけれど、できあがりを待つのも楽しいので氷砂糖を使った漬け込みタイプで。
 
 
材料
ゆず
ゆずと同量の氷砂糖
保存用の瓶

(1) ゆずの皮は表面を包丁でそいで千切り。中身の房は筋を取る。房には切れ目を入れて種をとる。
(2) (1)と氷砂糖を交互に保存瓶に入れる。
(3) 毎日ゆすって一週間程度でできあがり、らしい。

中身を全部入れたところでお酢を入れてサワードリンクにしようかと迷った。だってね、レシピの作り方だとカビる危険性が高いなと思って。酢をいれちゃえばカビ対策にはなるだろうけど、あんまりおいしそうじゃないよな。とりあえず、このレシピ通りには  ・・・  作らず(おい)

えーーーっと、タネ取るのが面倒くさくて房ごと瓶に入れました。
3日目の今んところ順調。

ゆずは満喫してますから、何個もらっても全然困らないわ~。(ここ強調してます)

|

« 反省と後悔と目標 | Main | 寒いし、雨だし »

Comments

そちらも大漁ですか。本当に豊作なのか日頃の人間関係が実ったのでしょうかね。ウチのゆずちゃはテキトーな分量で作ってしまったので氷砂糖が多かったようです。週明けくらいから飲めると思います。

Posted by: もみ | 08-1-12 at 上午1:23

ことよろです(^-^)

ゆず、ナイスタイミングです!
実は我が家も今ゆずもて余してて・・
(同時期にあちこちから頂いたので大量にある)

ゆず茶、参考にするわ。
あと砂糖で煮詰めてジャム作るかも。

Posted by: Cosachi | 08-1-9 at 下午10:27

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21675/17578358

Listed below are links to weblogs that reference ゆず:

« 反省と後悔と目標 | Main | 寒いし、雨だし »