« 十一月 2007 | Main | 一月 2008 »

ココに印鑑押してください

クリスマスなんて、とか言ってた私なのに
届いた!

それも、あの人から。
 
 
 
 
 
 
 
 
Photo
 
 


つか、着払いかよ!


| | Comments (3) | TrackBack (0)

不本意ながら波に乗る

大半の世の日本人のようにクリスマスイベントを理由にワクワクしたこともありました。いつの頃からか商業的というかマーケティングに踊らされてる感たっぷりのクリスマスに疑問を抱くのと同時にワクワク感喪失、のクリスマス。
そんな今年の12月。
バルーンを使って何かを作ってみましょう~という講習に参加したら、時期が時期なだけにツリー制作。
色あわせでセンスの善し悪しを問われるけど、楽しい講習でした。やっぱり何かを作り出すのって楽しい。
Img_0707

旦那に「なにこのゴミ?」と言われても!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

未来も過去もわからない

老若男女があつまるイベントでビンゴ大会があった。
なかなかリーチの声もでないのと、年寄りの参加が多いので「数字が4つ並んだ人は大きな声でリーチって言ってくださいね」 説明の声も大きくなる。こんな時のビンゴはリーチが出始まるとそっちこっちで「リーチ!リーチ!」の声がかかる。 次々とリーチの声が聞こえる中、私の隣のおじさんが「リーチだ!つーか俺はさいしょっから利一(リイチ)だあ!」 リーチでもないのに叫ぶ酔っぱらい。

 

飲み会の参加者(男性)に子供が生まれたという。

そりゃめでたい、で、子供のお名前は?と聞けばヒロタロウと名付けたとか。
その名前は漢字で書いてもその通りに読める。
稀星できららと、月とかいてルナ、神祈とかいてジュピター(!)とか暴走万葉仮名じゃなくて安心。
パパになったばかりの彼は「本当はもっとシンプルな名前も惹かれたんですが、嫁さんがヒロとつけたくて・・・」

ほうほう、そうですか。


「男の子ならどうしてもヒロ、ヒロポンって呼びたい、と」


ヒロポン!


 

覚醒剤の一種であるメタンフェタミンの商品名。 語源は「労働を愛する」というギリシャ語とも 「疲労をポンと捨てる」ともいわれる。

日本では、戦時中は戦闘意欲の向上のために兵士に与えられ、 終戦直後には国民的に常用された時期もあったが(当時は薬局で何の制約もなく買えた)、1951年覚せい剤取締法が制定されてから、 急速に一般的な使用が止んだ。

※はてなダイアリーからの引用

ヒロリンでなくヒロタンでもなく ヒロポン!

ありえねえ。


ビンゴでリーチと叫んでいたおじさんは70歳前後。このおじさんの親の時代には当時はビンゴゲームなんてなかっただろうなあ、としみじみ。

あ?麻雀はあったのか?だったらロン?

ロン太?犬の名前だな、そりゃ。

| | Comments (3)

シロートさんはこれだから

畑がズタズタです・・・。
せっかくの農作業用帽子(婦人用)をかぶり、畑の様子を見に行ったら、な、な、なんですの?

ズタズタの内容は。

1)アスパラガスの苗は何者かにほっくり返されて、根っこを食われる。
ちなみにアスパラは今度の春に伸びてきても収穫せずに株を育てるために我慢。食べられるのは再来年の春から。

この小さな動物の足跡はナニ?

2)スナップエンドウの苗が根本からナイっ。虫?鳥?ぜんぜんわからん。

3)ナナホシテントウ虫は葉っぱを食べるんですか?調べたいけどステキな写真が載っているサイトのページをみてしまうかもしれないので虫関連は私にとって検索不可能(笑)ミニ大根の葉っぱが育たないな~と思ったら、いるわいるわテントウムシが。おまえらなのか?かわいいので疑りたくはないが(笑)

 
80本は収穫できる大根の種、まさか80本できるつもりはないけど4本収穫という目標を立てましたが、もしかして。え?たった4本さえ、もしかして?
周りの畑の持ち主に「フフ、だからシロートさんは」なんて言われてるかも、なんて想像するとさらに身もだえ~~。 

 
_______________
 
今日はおでん。もしかしたら、だれかが大根くれるかもーと思って、
大根買わなくて、
でも誰も家を訪ねてくることもなく・・・・

ピンポーン。

あ、近所の兼業農家の旦那さん!!キターーーーッ!
 
 
 
搗きたてのお餅でした。
おいしそー。
でも大根じゃないのか(笑)
なんて失礼な。
でも、これでまた週末は七輪で餅ね。
いやいや、冷凍して取っておくから友人達よ、待っておるよ。

だから、大根なしのおでん。さみしー。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

念願の?かぶりもの

農作業のオバちゃんがかぶっている帽子。私も欲しい。


首筋を隠すようにぺろんと布が長くなってて、顔の周りを覆うようになってて、できれば口元もかくれるような「農作業といえばコレ」 というあのかぶり物が欲しいの。

探すこと半年。ホームセンターでも見つけられず、野菜苗をたくさん扱う花屋で発見しました。ヤッター。

時期が時期なのでキルティング素材の冬仕様になっております。麦わら帽子だと、 座って何かしているときに後ろのつば部分が首筋や背中にあたって前に倒れてきちゃうんだよね。 作業着にしろ道具にしろ専用に作られているのは理にかなっているのねえ。

 

 

 

農作業帽子、モデル着用

 

私の写真じゃなんなのでモデル着用写真を掲載。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« 十一月 2007 | Main | 一月 2008 »