« 六月 2007 | Main | 九月 2007 »

窓からの風景

住所では田舎じゃないかもしれないが、環境は田舎に含まれるであろう今の住居。
すぐ近くの崖が危険区域だということで近いうちに工事が始まる。
この木も切られちゃうんだろうなあ。


0708


| | Comments (2) | TrackBack (0)

てんこもり

旦那が朝のワンコの散歩帰りにワンコ仲間の人からナスとゴーヤを頂いた。

今日の朝、別の人から頂いたナスを料理してなくなったところ。
ナスのおみそ汁にナスとシメジの甘辛炒めができあがったばかり。

ありがてえ~。が。

「また、ナス・・・」

 
鶏肉をかるく焼いて、タマネギとニンニク、あんまり収穫できなかった庭のトマトがちょっと残っているからこれを入れてナスを煮込もう!仕事帰りに鶏肉を買って家に帰るとテーブルの上には

ナス。
 
あ?冷蔵庫に入れて出かけたはずだが?デジャブ?
 
冷蔵庫にはちゃんと茄子入ってなす、いや、入ってます~。
 
また頂いたのね、どなたかに・・・。

 
茄子って初心者でも作りやすいらしい。
だから苗を植えようと思ったが今年はやめておいた。
「きっと近所の人がくれるはず」
茄子に関しては大当たりだわ~。

近所は農家のプロばかりなので自分のところで作った野菜よりデキがいい。
自分のところは、トマトは小さいままだし、ゴーヤも小さいまま終了。
キュウリは台風で折れた。 
結局、もとから植わっていた赤シソとニラだけが元気です。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

聖地巡礼

明日、あなたは死ぬことになりました。
最後になにを食べたいですか?
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は寿司!
 
私にとって最高のごちそうはお寿司。
だから「市場」は聖地といってもいい。
市場と言ったら築地!

その聖地に徒歩数分で行けるところに友人が住んでいる。
こうなると友人宅=聖地だ。
恵比寿で「夏限定、カレーモツを喰らう会」のあと泊めてもらうことに。
こうなったら翌朝は築地で寿司

友人宅には2週間前にも同じパターンでお世話になっているんですが。(^^;)

昼間の酒は怠惰な味がたまらんのですが、昼を通り越して朝ですからね。
友人の冷たい視線を感じつつビールを注文。
都内に住んでたときは、海鮮丼を食して買い物して帰っても自宅に朝9時前で満足していたけど、友人宅は買い物圏内が築地。うらやましい限り。

素人巡礼者は場外の方が歩きやすい、というか、一般人でも買い物ができるので楽しいわけです。

旦那のおみやげに卵焼き。
野口屋の豆腐。(最近は他でも買えるみたいだけど)

夏場は保冷剤があっても調子に乗ってたくさん買えないし、重い。
それにヨッパライである。
このあと地元で献血しようかと思っているんだけど、やっぱダメですかね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

田舎の朝は早い

田舎の朝は早い。

何に数回行われるゴミ拾いの日。
ゴミ拾いの前に犬の散歩に出かけると、ゴミ拾い中のばーちゃんたちがゾロゾロ歩いている。
「私、時間間違えてましたか?」とあわてて聞くと
「違うよー、わたしら暑いから早めに拾ってんだー。でも拾いおわっちゃったから、もうやることねーでよ」とおっしゃる。「午前8時から開始」と回覧板で回ってきたが、その時間にはすでに終了・・・。

 
そんなの甘いわよ、と母から聞いた話。 
東北地方に移住した両親の集落は草刈りの集合時間が「朝5時」!!

そりゃすごい。
でも5時なら5時でいいんだけれど、8時集合といって8時に行くと誰もいないってのはどうよ?
あげくに「集合場所:例年通り」って。
どこだ、集合場所!
_________________

近所の兼業農家のおやっさんがたまに野菜を届けてくれる。
でもその時間が早い。
ある日、訪ねてきた時は朝6時15分。
この話を友人にメールしたらこんな返事が。

『きゃーー そんな時間にピンポンされても出られる格好してないわー
(場合によっては長州小力のような姿よー) 』

 
長州小力。
 
 


| | Comments (0) | TrackBack (0)

稲刈り開始

8月3週目だというのに、近所の田んぼでは稲刈りが始まった。
散歩中に犬が稲刈り作業の人に近づいたのをきっかけに話を聞いた。

この米は政府供出用。
こんなに早く刈り取った米はまずい。
みんなブレンドされて市場に出る。
このあたりの土地では9月の終わりに収穫するコシヒカリがうまいよ。
だから、こんなに早く収穫した米はおいしくないよ。


おいしくないけど収穫する。
まわりまわって、この米を食べているだろう私たち。
 
近所の兼業農家は自宅に業務用脱穀機と精米器を持っている。
その理由は有料で脱穀するライスセンターに米を持って行くと
他の米と混ぜられて渡される。アイツら、信用ならないからな、だそうだ。

ほんとうなんだろうか。
 
他の農家の人にも話を聞いてみたい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

香港のニホンゴ

見かけると、つい立ちどまってしまう香港での間違い日本語。
今のところ毛穴の汚れスクキソが好きだ。
____________________

笑いのレベルとしてはまだまだ。

Photo


キンバリーホテルのバスルーム。
艶ンプー。

____________________

ちょっと訛っちゃった?

Photo_2

____________________

読み方云々より、商品に書いてある「北海道 雪山水」とあるのが信じられん。
(香港島の地下鉄通路)

Photo_3

____________________

男人街近くで靴下を買った。
ホテルに帰ってきて日本語に気がついた。
履いたらなにかすごいことが?(笑)

Photo_4

| | Comments (7) | TrackBack (0)

Chococat Cafe 猫カフェ

「猫カフェがあるらしいよ。きっと和むから行ってきなよ」と勧められていたので調べておいた、猫カフェ。
香港島にはいくつか店があるようだけど島側はあんまり詳しくないので尖沙咀の支店へ行くことに。

猫カフェでハーレム状態にするにはマタタビだろう!
と近所のホームセンターで購入して、小分けにして持参。
西洋マタタビ、キャットニップと書いてあって見た目は乾燥させたラベンダーのようなつぼみのような種のようなもの。

一足先に台湾に帰る友人に「マタタビ持って、これから猫カフェに行く」と言ったら
「冴えない男が、コレ買えばモテモテだぜって広告見てフェロモン香水つけてきたって感じか」

そうだよ!モテたいのだ!猫に!私の周りに侍らせたいのだよ、ウヘヘヘヘ。


行ったのは尖沙咀のChoco Cat Cafe。
案内された席の足元には、かなりデップリとしたロシアンブルーが寝ている。触っても動じず。
フフフ、じゃあこれはどうよ?と西洋マタタビの小袋を鼻に近づけるもピクリともせず。無反応!!
やっぱ、だめか・・・フェロモン香水・・・。


070602


昔、猫を飼っていたとき友人が山から採ってきたマタタビの木をもらったことがあるけど、猫の陶酔っぷりはすごいものだった。木天蓼(またたび)の木を抱きしめて転倒というか腰砕け。延々と木をかじり続けてウットリ。マタタビラクトンという成分がニャンコ達をねらい打ちするらしい。かじり尽くされてボロボロになって終了したマタタビはその後手に入れることはできなかった。ペットショップで「らしき成分」が含まれるおもちゃを買ったけど全然効果無し。そんなことがあったのでちょっと信用してなかったのよね。エサ持参で猫カフェに行った人の話もどこかで読んだので、鰹節の小袋を持っていくことも考えたんだけど店の状況もわからないからマタタビにしたのだ。

しかーし!店内には子猫がまとわりついて離れないテーブルがある。
そこにはエサ持参の男が。

チッ!やっぱりカツオブシの小袋を持ってくるべきだったか!

持参のエサがなくなると、紐を取り出し子猫を誘って遊ぶ男。
薄っぺらい体型、ストライプのポロシャツの裾をジャージの中にインしているという私が生理的に受け付けないタイプ。コヤツが席を立ち紐を持って店内を歩くもんだからうっとうしい。
新しく入ってきた10代くらいの女の子5人組に近寄ってきた猫も紐でみんな自分のところに集める。
猫が何匹もその男に集まるものだから当然、客の視線はそっちへ集中。

猫を見たくてそっち見てんだぞ!オマエのことみてるんじゃねーよ!という心の葛藤に疲れ退店・・・。
営業時間聞こうと思って忘れてきた~。

Chococat Cafe
尖沙咀海防道百萬龍大廈3楼
モスクのある尖沙咀地下鉄出口近く。


尖沙咀、銅鑼湾の店も含めて参考にさせてもらったリンク

わたしの旅をおすそわけ

りんりんブロ具

狂い咲きネイザンロード
キャバ嬢がいる店=猫カフェと言ってるんだけど、よっくわかる!その気持ち。私もキャバ嬢に爪立てられたい・・・。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

君怡酒店

半分一人旅の香港の宿。
定番にしていたウインザーホテルは経営が変わり、いまは大胆な改装もしてラックス マノアホテル(THE LUXE MANOR HOTEL 帝楽文娜公館)というデザイナーホテルになってしまった。
もちろんウインザーの頃の値段とは大違い。


スタンフォードヒルビュー(九龍半島)
シャングリラ(九龍半島)
YMCA(九龍半島)
シェラトン(九龍半島)
ウインザー(九龍半島)
ラマダ(九龍半島)
ミラマー(九龍半島)
パーク(九龍半島)
エバーグリーン(九龍半島)
ハーバールネサンス(香港島)
ランガムプレイス(九龍半島)
マジェスティック(九龍半島)

これが今まで宿泊したホテル。
やっぱり九龍側が好きなんだよねえ。
九龍サイドに泊まってスターフェリーで香港島に渡る、という行程がこれまたイイ。


この旅行中、木村佳乃主演でテレサ・テン物語を放映していた。
テレサの話なら香港の景色が映っているだろうと録画予約しておいた。
日本のプロデューサーがテレサとはじめて話をするシーンがキンバリーホテル(君怡酒店)の設定になってたな。

しかし・・・我ながら、よく懲りずに香港に行くなあ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« 六月 2007 | Main | 九月 2007 »