« 歯は全部で何本? | Main | ラマ島 天虹海鮮酒家 »

歯が痛くても香港

歯医者に行ってレントゲンを見たところで、抜いた親知らずは3本で
あと1本残っていることを思い出しました。

痛みのあるうちは、抜歯できないので薬を飲んで待つことに。
クスリを飲んでも痛いことは痛い。
そんな痛みを抱えつつの香港旅行!

2年ぶりの香港なので、ついつい関連本を買ってしまう。
さらに過去のガイドブックも引っ張り出してまた読んだり。
そのなかで面白かった本のひとつ。

香港こだわり食材百貨
牛嶋直美著

香港行ったら、買うべしというような食材解説本。
私も必ず買うクノールの鶏ガラだしや、
こりゃなんじゃ?という乾物の解説もあってなぞも解けた。

著者の牛嶋さんの名前は香港関連本の記事でもよく見かける。
最近買ったばかりのNHKテレビアジア語楽紀行「旅する広東語」でも
その名前をみた。


売っているのは見たことあるけど、ソレがナニモノなのかサッパリ
わからなかった食べ物は「干した山芋」だという「淮山」。
白い薄切り状で真っ白。表面は粉っぽくて甘いものだか
苦いものだか見た目では想像できず。
漢方薬局で扱っていて、胃腸、腎臓、咳に効くそうだ。

と、ここまで書いてもきっと買わない(笑)
見るだけ、見るだけね。

|

« 歯は全部で何本? | Main | ラマ島 天虹海鮮酒家 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21675/13821093

Listed below are links to weblogs that reference 歯が痛くても香港:

« 歯は全部で何本? | Main | ラマ島 天虹海鮮酒家 »