« 未知との遭遇 | Main | 買っちゃう?買っちゃえ!家1コ! »

いわゆる第二の人生ってやつ?

田舎暮らしの夢を見る両親。

よくある話のひとつではあるけれど、私の中では
「田舎暮らしなぞ実行できないであろう」とタカを
くくっていたのも事実。

だって、田舎暮らしするための家を買うお金、ないでしょ。
でも「今住んでいる家を売れば、可能かも」ということに
気がついた両親に、私が気がついた。

今までは、物件探しが老後の楽しみのひとつであってもいいなあ〜と
考えていた。

 
あっちの家はどうよ?
ここがダメね。
じゃあ、次も見に行こうか。

そんな時間を過ごしながら、あっちにいったりこっちにいったり、
ついでにイイ温泉を見つけたり・・・。
実際、田舎暮らしが実現しなくとも、探している途中の楽しみを
満喫できればいいんじゃない?
そう思っていたわけね。
 
 


今の自宅を査定に出してみた、というメールから程なく

「決めちゃった(ウフ)」

母からの電話。
決めたという言葉に驚きを隠しつつ聞いた。
「フーン、で、どこにしたの?」

母は、みんなが答えを期待しているようなときほど
思わせぶりに話をする。
それは判っているので「えーから、事実なの?どーなのよ?」

母の口から出たのは具体的な地名に現地を見に行く日にち。
それは母方の親戚が多く住む東北地方。

ほ、本気なんだ・・・。

 
 
 
いや、もちろん、本気でも構わないだけれどもサ。
一生住むつもりで家をナデナデしてきた姿を思い出すと
切り替えの速さに驚くばかり。

不動産屋と連絡もとって、現地視察の日程も決定。
その日、休みだと言う旦那も一緒についていくことになった。

 
あったりまえですが、続きますよ。

|

« 未知との遭遇 | Main | 買っちゃう?買っちゃえ!家1コ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21675/7464054

Listed below are links to weblogs that reference いわゆる第二の人生ってやつ?:

« 未知との遭遇 | Main | 買っちゃう?買っちゃえ!家1コ! »