« 花粉、途中経過 | Main | 有楽町献血ルームにて »

東京パン屋ストリートオープン

公募で名前が決まった長崎県佐世保市名物・ハンバーガーのイメージキャラクター「バーガーバー」が、東京進出に当たって「バーガーボーイ」に改名されることになった。「バーガー婆(バァ)」に聞こえるからとの理由
(毎日新聞) - 2月23日11時4分

千葉県船橋市のららぽーとに出店予定の店の話らしい。
ナムコのプロデュースによる日本初、パンのフードテーマパーク
「東京パン屋ストリート」に出店する店のひとつが「バーガー婆(バァ)」に聞こえるようだ、ナムコから指摘があり「バーガーボーイ」に訂正されたんだそうだ。


バーガーバーバーガーバーバーガーバー
 
 


続けて発音すればわかるがババア、と聞こえる前にオノレの活舌の悪さに気がつくはず。
 
 


「ねえ、お父さん。今日はお昼ご飯作っている時間がないからマクドナルドのハンバーガーでいい?お母さんはいいよ、って言ってるんだけどさ」


自宅の仕事と家族の看病で忙しい友達とその父親の会話。


「えー、やだよ、オレ、 ハンバーグバー なんて」
 
 
 
聞かされて、たっぷり笑い転げたあと
 
「でもね、お母さんも正確に言えるようになったけど、さいしょは ハンバーグパン だったからね」

 

 
バーでもボーイでも、どちらでもヨロシイのではないかと。ナムコさま。
ところで千葉県船橋市なのに「東京パン屋ストリート」とは、
千葉県浦安市にあるディズニーランドと同じ、地域詐称なあたり
千葉だ!といい切れない弱さが感じられたり。

 顧客の新規開拓を狙って「婆」のままでもヨカッタか?


ららぽーとの公式サイト

|

« 花粉、途中経過 | Main | 有楽町献血ルームにて »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21675/3053592

Listed below are links to weblogs that reference 東京パン屋ストリートオープン:

« 花粉、途中経過 | Main | 有楽町献血ルームにて »