« 十一月 2004 | Main | 一月 2005 »

地震を知らない

津波の被害はニュースを見るたびに、死者の数がどんどん増えてつらい気持ちになる。プーケットもモルディブも、私があの場所にいる可能性だって考えられるだけに余計にね。
地球上から、こんなにも人間の命が減ってしまったんだから、その分戦争をやめようよ。


10年ほど前にプーケットに出かけたときのこと。

「日本に行ったことはありますか?」
町を案内してくれたガイドに質問してみた。
「いいえ、ありません。いつか日本に行ってみたいです。でも、ちちんがいやです」
「は?ちちん?」
「えーとえーと、んーと、ちちん?違いますか?」

ガイドは辞書をめくって、探し出すとそこには「地震」と書いてあった。

「タイでは地震、ありません。(想像すると)とても怖いです」

_______________


とりあえず、今の生活の中で身近な人が被害にあった国に滞在しているってことはないので客観視できてる。
と、思ったら、なんと坊ズクラブの従兄弟がタイにいて、30日に日本に帰ってきたと実家の母から聞いて驚いた。バンコク滞在だったらしい。
すでに無事であることが確認できているから安心だけど、家族は本当に心配だったろう。疲れたからだに鞭打って、彼は今日、本堂で護摩たきをするでしょう。
とても荘厳できれいだから見においで、と誘われているんだけど根性ナシの私は寒いところには行けません(笑)


| | Comments (0) | TrackBack (0)

柴又 やぶ忠

yabu_menu

蕎麦好きな方が「柴又 やぶ忠」で検索して
このブログまでたどり着いたりしてるみたいだ。
どうもどうもです。


離れたとこに駐車場もあるんだけど、3台分しかない。
それもはじっこの1台分はスゴーク止めにくい。
大きめの車がヘタクソに止めてあった日にゃ、もう。

昔は「やぶ忠の駐車スペースです」の看板立ててある
ところに自分の所の車をずううーーーっと置いてあって
「フーン、自分ちの駐車場に使って経費で申告かあ?」
と思ってたけど、いまはそれはなくなった。


写真の説明
中もりのよこに小さく書いてある文字は「そばを分ける、残された方 1200円」と書いてあります。
中もりとはいっても、4人前くらいの山盛りででてくるんですわ。
ひとりで食べるなら600円。
残したり、みんなで分けるなら1200円って意味です。


http://chizumado.jp/view?position_id=331113

|

買わないよ。買わないけどさ・・・。

フリーマガジンのR25で発見。
コーヒーはあまり好きではないんだけど
デザインを見てきゅーんとなってしまった、コーヒーメーカー。

coffee


デバイスタイル、という会社の製品。

ステンレスとか大好きなもんで、こーゆーのに弱いんです。
エレクトロラックスのホットサンドトースターもデザインで買ってしまった。
ホットサンドなんて滅多に食べないけどさ。

うちの茶筒もステンレス。ぴかぴか〜。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004年楽天市場オリジナルイヤーマグカップ

rakuten_mag

今年最後の当選ですかね

| | Comments (0) | TrackBack (0)

れろかんらの

旦那と近所の蕎麦屋で一杯。

家の近くで、手打ちじゃないけどそこそこウマイ、
というだけの本当にフツーの蕎麦屋。

締めに蕎麦をすすっていたとき


「ごりっ」


石でも入ってたのかって?

いえいえ、とんでもないことでございます。

自分の舌をかんだのでございます。

一瞬にして、目の前が白くなりました。
口の中の残りの蕎麦を飲み込んだあと
咬んだあたりの舌に指をあてて見ると
血だらけ(あほ)

「れろかんら (ベロ噛んだ)」

同情と憐れみの目を向けられるも
痛いけどガマンするんだな、と前向きなコメントされました。

ガム大好きな私は、たまに舌をかんでしまうことがあるんだけど
数年前、福島駅の地下道でガムとともに舌を噛んだときは
歩くのが止まりました。
その場に座り込みそうで舌よ
               ↑
(わーん、変換まで。おもしろいのでこのまま)

向田邦子作「あ・うん」のドラマの中で
娘役の岸本加代子が舌を噛んで
自殺しようとするシーンを思い出しました。
このドラマを見たのは小学生のころだと思うが

「ベロなんかかんで死ねるノカ?」という疑問。


答えましょう。
「死ねないけど、死にそうです」


あ・うん

向田邦子 「あ・うん」


つましい月給暮らしの水田仙吉と軍需景気で羽振りのいい中小企業の社長門倉修造との間の友情は、まるで神社の鳥居に並んだ一対の狛犬あ、うんのように親密なものであった。太平洋戦争をひかえた世相を背景に男の熱い友情と親友の妻への密かな思慕が織りなす市井の家族の情景を鮮やかに描いた著者唯一の長篇小説。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

花粉症の覚悟

夏の気候を思いだせばこんなニュースになることもわかってましたケド・・・。
___________________________

花粉飛散量、来春は最大30倍に

 来春のスギとヒノキの花粉飛散量は、全国的に平年の1・5―2倍に達し、花粉症の人にはつらい季節になりそうなことが、気象業務支援センターの村山貢司・専任主任技師の調査でわかった。

 花粉の少なかった今春に比べ10―30倍となり、1965年から始まった観測で最多だった95年春に匹敵する見込み。
___________________

2004年の春は花粉が少なかっただけに、気が重いなあ。

アレルギーなんて子供の頃から無縁だった私。
30を過ぎてから、新しい化粧品にカブれたり、紫外線でカブれたりと
体の変化を感じてましたがとうとう発症しました、花粉症。

自分がそうなるまでは内心花粉症患者をバカにしていた私。
前の職場に重症患者が4人ほどいて、連中の様子を見て
「これは大変なんだなあ」と思っていたら自分も仲間入り。

ここ2年ほどは花粉症仲間のアドバイスに従い、マスクに帽子。
花粉のつきにくいコート。もちろん薬の服用も。

それでも2005年はこんなんじゃ足りない。
以下は私の覚え書きというか花粉関連の欲しいものリスト。


【絶対買うもの】

花粉 服でブロック(フマキラー)
服にスプレーして使用。花粉を落としやすくつきにくくするスプレー。

ライオンからも「花粉ガード」という商品がでます。
どちらも12月中旬発売。


花粉防止メガネ
花粉防止スカッシーDX

おなじ花粉防止用メガネでも、度つきレンズにかえてくれるショップも発見
花粉のさなかにコンタクトレンズつけていられないもんなあ。


そうは言ってもコンタクトレンズじゃなきゃダメなときもあるから
1日使い捨てレンズも用意

チバフォーカスデイリーズ 30枚入りチバビジョン毎日交換ワンデータイプ使い捨てソフト
旅行用に買っておいた1日使い捨てレンズはワンデーアキュビュー。
チバビジョンのデイリーズの方が花粉がつきにくいと聞いたので。


ただのマスクじゃダメだ。立体でなきゃ。

EASYMASK〔イージーマスク〕

去年は防塵マスクだったけど、四角いタイプだったので。

【ちょっと迷ってるモノ】

ひどい花粉症にアロマなんて役に立つんかい!と思いつつも
2800円なら試してみようかな、と迷う。

これで花粉症対策は完璧です。アウトドアスポーツ選手が使用で注目!★na-ha★(ナハ)新発売で...


【欲しいといえば欲しいけれども】

ホントに効果があるのかなあ?
ハナスッキリクン
誰か使用感を聞かせて・・・
スッキリクン


ロマンス 花粉対策肌ふとん
「デュポン社のクォロフィルを使っているので、かんたんにお洗濯ができ花粉を洗い流せます」
洗えるってのがいいなあ。


【たいへんたいへん心魅かれるモノ】



BIONASEバイオノーズ【QAZCITYショップ】

バイオノーズ↑


水で鼻の中を洗う商品

もあるけど、想像しただけで鼻の上のほうがキーンとします。
このバイオノーズというのは、LEDで鼻の中を照射。
すると新陳代謝や血行が促進され、鼻腔内の炎症を抑制するらしい。
最初のうちは1日3回照射。
症状が軽くなったら、1,2回に減らすそうな。


早めに動かないと、花粉が飛び始めたら外にも出たくないもんね。


そういえば、香港に転勤している間に花粉症の症状が出なくなった、という人がいたっけ。

北海道出身の友人は東京勤めになって花粉症から開放されたとか。
理由は「東京には白樺がないから」
しらかばの花粉症でしたか!

| | Comments (3) | TrackBack (0)

香港でお寺に参拝

香港国際空港があるランタオ島。
ここの山の上に大仏様がおわします。
急な階段を見上げるとドデカイ大仏様が。そんな写真がガイドブックに載ってます。

daibutu.jpg

寶蓮寺(ポーリンジー)

ただ出かけるだけじゃおもしろくない!バスですよ、バス!
山の上なら運ちゃんのかっとばし走行が味わえるはず。

香港島中環のフェリー乗り場からムイウーへ、そこからバスに乗り換え。


山道を登っていくのでウネウネとしてますが、そこは香港ドライバー、飛ばす飛ばす!

中環から赤柱へ向かう6番のバスも最初のうちは、ジェットコースターみたいで楽しかったけど何度も乗るうちに少々飽きてきたところ。
赤柱コースはバスとのすれ違いがスリリングなんですが、
ランタオ島はウネウネ疾走コースを楽しむとでもいいましょうか。
(あったり前ですケド、ホンモノの遊園地じゃありませんから絶対安全ですよ、なんてこたーないですからね)

平日と休日のバスの値段が違うので、どちらの曜日に来るかによって混み方が違うのでしょう。

入り口で参拝料を払います。
食事付きと食事のつかないチケットを選ぶんだけど、
「食事ナシ」のチケット買っても「小食」がつきました。
ビーフンにいくつかある点心から2つ選び、さらに豆腐プリンがついて一人前。

ちっとも小食サイズではありません(笑)
小食ってどんなレベルの食事を指すのかな?

香港では日本の豆腐よりずーっとなめらかで、まるでパンナコッタか杏仁豆腐のようにみえます。
でも豆腐。それにシロップをかけて食べるのです。

ナントカカントカ?とおばちゃんに聞かれたんだけど、
広東語だし何を言っているのか理解できず、きょとんとしていたら
「・・・はーあ、わかんないんだわ、この子」という感じで、あたたかい豆腐を渡されました。
弟がうしろから「あったかいのか冷たいのかを聞かれたんだよ」と教えてくれました。


butuzou_hongkong.jpg

butuzou2_hongkong.jpg

大仏様の一段下には、ラブリーな顔した女性たちが。

寶蓮寺(ポーリンジー)、天壇大仏
「珍寺大道場」寶蓮寺/大嶼山 PoLinMonastery

| | Comments (100) | TrackBack (0)

« 十一月 2004 | Main | 一月 2005 »