« MP3がほしいのだ その2 | Main | MP3がほしいのだ その4 »

MP3がほしいのだ その3

本日はCD→mp3にする方法。

世の中には親切な方がたくさんいるのです。
私は不親切なのでわかるとこだけかきます(笑)

おおざっぱですが手順は
CD2WAV32のインストール(設定はしないでとりあえずインストールだけ)

午後のこ〜だのインストール

CD2WAV32の設定
という流れです。


こちらの「CD→WAV→MP3のページ」に詳しく手順が出ているので
ここをベースに説明していきます。

WAVというのは、音楽の保存形式のひとつらしいんですが
私の目的は、CD→MP3にしたいことなので、このあたりのところは
まったく読んでいません。

さて、このページでいくつかパターンが書いてあるけど、一番上に出ている
”CD2WAV32 + Lame Encoder (フリーソフト)”の組み合わせは
Lame Encoderが英語のため脱落。
2番目のCD2WAV32 + 午後のこ〜だ (フリーソフト)の組み合わせでやりましょう。

「ダウンロード・インストール」のリンクからたどると、
一部リンク切れがあったので私が使ったページのリンクです。

CD2WAV32のダウンロードは
みゃん☆みゃん☆ふぁくとりぃ☆ - Delphi関連ソフト

CD2WAV32 for Windows95/98/NT4.0/2000/XP R3.21を選択

午後のこ〜だのダウンロードは
午後のあんてな - フリーソフト Windows

午後のこ〜だ for Windows Ver3.13a のダウンロード (3,845,330byte) を選択


それぞれインストールしたら、CD2WAV32の設定をします。
設定方法と注意点は ここを参考に

パソコンのドライブにCDを入れたら、「4.CD→MP3変換 」を読みながら
mp3に変換しましょう。
保存先のフォルダを見ると拡張子がmp3となったファイルがあればOKです。

________________

購入したmp3を付属のUSBケーブルでパソコンとつなぎます。
マイコンピュータから「リムーバムル記憶領域があるデバイス」の
対象のドライブ(mp3がつながってるとこ)をクリック。
そしたらmp3の拡張子がついたファイルをドラック&ドロップすれば終了です。

128MBで、CD約2枚分入ります。
録音するときのビットレートを下げればもっと入るみたい。
でも、この辺の話になると、もうわからない。
気になる人は実際にビットレート下げて試してみてください。
(そしたらおせーてください)

次回は「香港電台を録音してMP3で聞く」です。

__________________________________________

この記事は、あらかじめ書きためていたんだけど「その1」をUPしたところで
くりゃもとさんからiTunesが便利ですよ、というコメントをもらいました。
Appleのサイトからダウンロード可能。もちろん無料っす。うわわん。
容量はiTunesのほうが大きいので、好みでダウンロードしてみてください。

|

« MP3がほしいのだ その2 | Main | MP3がほしいのだ その4 »

Comments

へえ~へえ~。
担当さんが答えてくれました!ありがとう。
にゃるほど、よくわかりました。

>レコードの音が良いというのは、これ以外の帯域の音が存在しているため
コレ、聞いたことがあります。
ビットとレートって別物だったのね。へえ~へえ~。

Posted by: もみ | 04-9-15 at 下午12:16

この辺りの話は私の出番ですな。仕事ですから〜。残念。(笑)

音が波形で表示するのを見たことあると思うのですが、
この波形の精度(いわゆる分解能)がビットとレートということになります。
画像で言うピクセルと同じですね。

縦軸がビット(正しくはSample Format、bitは単位)。
横軸がレート(Sample Rate、単位はHz)になります。
それぞれの数値が上げればそれだけ音のクオリティもあがりますが、
それだけ重いデータになりますね。

ちなみにCDの音声はサンプルレート/フォーマットでいうと、44.1kHz/16bitです。
ちなみにこの44.1kHzという数字、
人間の耳で認識できる、ぎりぎりの周波数帯域のハズなんだそうですが、
レコードの音が良いというのは、これ以外の帯域の音が存在しているためです。
ちなみに、レコーディングの現場では192kHzとかで録音したりするんですよ。
聴き比べると、その差は素人でもわかります。
聴こえないハズの音が、実際は聴こえているってことですねえ。
人間の耳はすぎょいです。

それから、オーディオファイルのフォーマットもいろいろありますが、
ポピュラーなものを挙げると

・AIFF・・・CDはこれです
・WAV・・・Windowsで良く使う
・SDII・・・MACで良く使う
・MP3・・・↑3つと比べて圧縮してるので、音質は下がります
      画像のJPGみたいな感じ?

だいたいはこんな感じの認識で良いのではないのですかね〜。
例えば元はWAVデータでも、AIFF/44.1kHz/16bitにコンバート(変換)して、
CD-Rに焼けば、CDプレイヤーで聴けるCDになります。
オーディオのフォーマットは他にもいろいろあるみたいですが、訳わからんです。


はあ、2年前に比べて私もちょっとは賢くなったわ・・・。爆

Posted by: くりゃもと | 04-9-15 at 上午1:34

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21675/1419544

Listed below are links to weblogs that reference MP3がほしいのだ その3:

« MP3がほしいのだ その2 | Main | MP3がほしいのだ その4 »