« カゴメのスープ | Main | 男子200メートルバタフライ »

オリンピックにどっぷり

オリンピックにどっぷりハマっております。
日曜夜の女子52キロ、男子66キロ級は面白かった!

シドニーのときも、世界選手権のときも
柔道を見てるとき、いつも気になることがあります。

それは柔道着がはだけてベローンとなってるまま
試合をしていること。

襟があんなにヒラヒラの状態では取り組みにくくないんですかね?

素人としては気になってしまうわけで。
特に応援している選手の対戦相手が「ベローン」状態だと

「ちゃんと着ろー」「ズルイぞ、オラァ」から始まってしまい
日曜の夜は柔道着の新デザインまで話が及んでしまいました(笑)

1、帯を通すための、ベルト通しをつける
2、Tシャツのようなかぶる柔道着にする
(アルコール注入)
3、つなぎタイプにする
4、肩やおしりあたりに取っ手をつける。技かけ放題、試合時間短縮効果あり?

失礼しました。

卓球はスピードがありすぎて解説がないとどちらがポイントとったのか
すぐにはわかりません・・・。
シドニーのときからルールがかわって、卓球の球が
38ミリから40ミリになったそうです。

言われなきゃ絶対わかんないぞ!2ミリ!

球製造会社としては、アテネ特需があったってこと?

_____________
嫌な感じ

いつのオリンピックだか忘れたけれど

メダルの色がどうのこうのとか取れるかどうかなんて別にして
「オリンピックを楽しんできます」(本人)
「楽しんでください」(マスコミ)

みたいな言葉が飛び交ってたときがあった。
今回は「あの種目も金が取れそう。この種目もとれそう」
というコメントが多い気がする。私だけかな〜。
最初に連続で金メダルがでてるから、その後の種目の
紹介は負けたときに対応が冷たい感じがするんだよねえ。

|

« カゴメのスープ | Main | 男子200メートルバタフライ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21675/1205593

Listed below are links to weblogs that reference オリンピックにどっぷり:

» 柔道放送 in オーストラリア [◇◆◇◆オーストラリアのネタブクロ◆◇◆◇]
英語にて柔道観戦 [Read More]

Tracked on 04-8-18 at 上午2:45

« カゴメのスープ | Main | 男子200メートルバタフライ »