« また出費 | Main | 牛タン特選詰合せの当選 »

小市民と宝くじ

ネックレスが当たっただの、クオカードが当たっただの小市民っぷりな話がつづきました。

最近知り合った人の話ですが、スクラッチタイプの宝くじで100万円を当てたことがあるそうです。

それも2回。

その当たりくじはコピーして持ち歩いてて、見せてもらいました。
5年の期間をはさんで2回だそうです。
身近な人の話で「当たった話」は、初めて聞きました。

ふと、思ったんだけど「宝くじ、当たったんだ」と公表できる限界の金額って100万くらいだと思う。
1000万だと、言えない気がする。


「宝くじが当たったら、なにしよう♪」と考えるだけで
楽しめる私ですが、雑誌か何かに

「宝くじがあたったら○○しよう、という人がいますが
それは、宝くじが当たらない限り何も望めない、と
言っていることと同じですから、やめましょう」

もう、すでに負けているワタシ・・・。

|

« また出費 | Main | 牛タン特選詰合せの当選 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21675/904964

Listed below are links to weblogs that reference 小市民と宝くじ:

» 宝くじプログラム「トライドリーム」 [無料懸賞サイト紹介『燃えろ!懸賞野郎』]
 おはようございます。  本日は番外編といたしまして宝くじ販売サイト、トライド [Read More]

Tracked on 04-7-9 at 上午6:59

« また出費 | Main | 牛タン特選詰合せの当選 »