« 地域格差とイベント | Main | セクハラ教師 »

川崎市 観光案内

「川崎市が観光に力を入れ、手始めとして駅に
観光案内センターを開設した」というニュースを見た。
川崎は親戚もいるのでつい反応してしまう。

チラリと紹介された観光案内。
なんだかつっこみどころ満載でした。
川崎市側のコメントは「川崎と言ったら川崎大師だけ
だという印象があるのでもっと紹介したい」とのこと。
そのターゲットが日本人だけしか考えていないんだろうけど
いまさら観光に力を入れるのなら、日本人以外を
考えればよかったのになあ、と思った。
東京と横浜に挟まれた街なんだし、外国人にもっと情報を開放してもいいのに。
案内所の看板は漢字だけ。
カウンターに貼り付けた「両替できません」のPOP。
英語でも併記しようよ・・・。

私の考えは「見所がない街なんてない」ということ。
その土地ならではの建物や商店街の野菜を見てるのも楽しい。
だからこそ紹介のやりかたを工夫できるところはたくさんあるのにねえ。

|

« 地域格差とイベント | Main | セクハラ教師 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/21675/535020

Listed below are links to weblogs that reference 川崎市 観光案内:

« 地域格差とイベント | Main | セクハラ教師 »